動画マーケティングの最新情報|movieTIMES ムービータイムス

movieTIMES ムービータイムス 映像制作の株式会社LOCUS

厳選動画2016年04月22日

ミュート再生の方が“おトク”!?Facebook動画広告の自動無音再生を逆手にとった秀逸プロモーション動画

Facebook動画広告のデフォルト設定である「音声なし、自動再生」。
多くのユーザーが音のない状態で動画に接触するというこの条件に対して、機転を利かせたクリエイティブで挑んだのが、今回ご紹介する宿泊施設のオンライン予約サービス「Hotels.com‎」のプロモーション動画です。

本作の主人公は高級ホテルのロビーで優雅にピアノを演奏する一人の男性。ミュート再生を前提に、字幕でストーリーが展開されます。

20160422_gensen1

字幕:「Facebookの動画広告は音声なしで自動再生されます」

20160422_gensen2

字幕:「音が聞こえなくて良かったですね」

ミュート状態でこのカットを見たユーザーは「なぜ、“音が聞こえなくて良かった”のだろう」と思うでしょう。ピアノを演奏する男性の自信満々な表情も気になります。

するとカメラが男性の手元を映し出し…

20160422_gensen3

字幕:「なぜなら僕はピアノの弾き方を知らないから!」

…と続きます。実は彼、ピアノをデタラメに弾いていたのです。しかしミュート再生であるがために、あたかも素敵な曲を奏でているように見えていたのです。

種明かしをした後は演奏がどんどんヒートアップしますが、もはや音は問題ではありません。視聴者の視線はすでに字幕に集中しているため、「僕はピアノの弾き方は知らないけれど、Hotels.com‎のアプリをダウンロードすれば初めての宿泊が10%割引になることなら知っています。最後までこの字幕を読んだあなただけが知ることのできる情報ですよ」というプロモーション内容をしっかり訴求することに成功しています。

実際に配信された動画がこちらです。最初の数秒はぜひミュート再生でご覧ください。

本作品にはもう1本、シリーズ動画があります。こちらでは、男性が話す内容を女性が手話で伝えているように見せて、実はセリフとは別のメッセージを送っています。手話のメッセージは、Facebookの投稿にコメントしたユーザーの中から抽選で10名に特典をプレゼントするというもので、1つの動画で同時に2つのキャンペーン告知が展開されていたのです。

 

モバイルデバイスからの動画視聴が増加したことで、Facebookに限らずミュート再生を意識したコンテンツ設計が重要になっています。最近はミュート再生を前提にきちんと字幕を入れた動画も増えていますが、今回の動画のように音がないからこそ成立する企画にもトライしてみてはいかがでしょうか。

企業:Hotels.com
タイトル:The One Made to Autoplay Silently Online

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作×動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、800社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。

Page Top