動画マーケティングの最新情報|movieTIMES ムービータイムス

movieTIMES ムービータイムス 映像制作の株式会社LOCUS

国内サービス 2016年03月03日

Facebookのライブ配信動画がついに日本でも利用可能に!さらにライブ配信中の動画はフィード上位に表示へ

キーワード: Facebook ライブ配信

昨年、Facebookが米国内でテストを行っていたライブ動画配信機能がこの先数週間をかけて、世界各国のユーザーに提供されることが発表されました。

さらに、ライブ配信中の動画をフィード上位に表示するアルゴリズムに変更するとのことです。

20160303_thumb_topic_Facebook

昨今注目を集めているライブ配信動画ですが、その火付け役となったのがFacebookのライブ動画配信機能です。
昨年末に米国内でiOSユーザーを対象にテストを開始し、先月、全世界のiOSユーザーに順次提供することを発表していましたが、いよいよAndroidユーザーへの提供が開始されることが明らかとなりました。

live-android-screen

ライブ動画を配信するには、まず近況アップデートの欄をタップし、ライブ動画のアイコンを選択。簡単な説明を加え、公開範囲を選んだ上で、動画のライブ配信を開始します。ライブ動画を配信している間、視聴しているユーザーの数と名前、そしてコメントをリアルタイムに確認できます。ライブ配信が終わると通常の動画と同じようにタイムラインに動画が保存されますが、すぐに削除することも、保存しておくことも可能です。

ライブ配信中の動画をフィード上位に表示するアルゴリズムを適用

さらに、Facebook上でライブ配信中の動画は、ニュースフィードの上位に優先的に表示されることも発表されました。これにより、企業などが配信するライブ動画がより視聴されやすくなります。

Facebookでは通常、より人気の高い投稿を上位に表示するアルゴリズムを用いています。しかし、ライブ配信中の動画は、その後アーカイブされた配信動画よりも3倍以上長く視聴されるというデータを受け、Facebookはこの変更に踏み切ったとしています。

動画をライブ配信することのメリットの1つが、コメント機能を通してリアルタイムでファンや視聴者とコミュニケーションをとれる点であり、このアルゴリズム変更は企業にとってプラスと言えるでしょう。ソーシャルメディア上でのライブ配信動画の活用がますます盛り上がりを見せそうです。

ライブ配信動画の効果的な活用法はこちらで詳しく解説していますので、ぜひご参照ください。
>>「今、話題の”ライブ配信動画”を知る!――活用メリットから最新事例、各プラットフォーム情報まで」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作×動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、800社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。

Page Top