動画マーケティングの最新情報|movieTIMES ムービータイムス

movieTIMES ムービータイムス 映像制作の株式会社LOCUS

国内サービス海外サービス 2016年02月05日

Instagramが60秒動画広告の配信を開始。よりブランドストーリーが伝わる広告展開が可能に

キーワード: Instagram 動画広告

Instagramではこれまで最大30秒の動画広告しか配信できませんでしたが、2月3日、60秒の動画広告の配信を開始したことが発表されました。
この先、数週間をかけて本格的に展開されるとのことです。

20140204_thumb_topic_Instagram

最初にこの60秒動画広告を配信するのは2社。携帯電話会社のT-mobileは今週末に開催されるSuper Bowlに合わせて展開されている30秒テレビCMの特別編として60秒版をInstagram上で配信しました。
一方、Warner Brothersは新作映画の60秒ティザー動画を配信するとのことです。 

▽T-mobileのテレビCM(30秒版)

▽Instagram上で配信された動画広告(60秒)

60秒動画広告の展開に踏み切った理由について、InstagramはSocialTimesに対してこのようにコメントしています。 

quote 企業はさまざまな広告素材を持っています。我々は広告主がマーケティング目的を達成できるよう、素材をもっと幅広く活用できる選択肢を提供したいと考えました。quote-end

4億人ものアクティブユーザーを抱えるまでに成長したInstagram。特にブランディング目的の動画広告を展開する場合、60秒という尺を有効に使えば、ブランドストーリーや世界観をより豊かに表現できるようになるでしょう。

ただしInstagramはユーザーエンゲージメントが高いからこそ、クリエイティブの質が求められるという特徴もあります。新しい60秒動画広告がユーザーにどのように受け入れられていくか、そしてユーザーに愛されるクリエイティブがどのように生み出されていくのか、今後の展開に注目です。

instagram_banner

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作×動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、800社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。

Page Top