動画マーケティングの最新情報|movieTIMES ムービータイムス

movieTIMES ムービータイムス 映像制作の株式会社LOCUS

市場動向・レポート 2015年01月19日

[国内調査]4割以上が“TrueView広告をスキップしない”ことが判明。より多くの人に視聴されるTrueView広告とは?

キーワード: TrueView 動画広告

以前、movieTIMESでは米調査の発表から「44%もの人がスキップせずに、動画広告を見る可能性がある」ことをご紹介しましたが、最新の国内調査でも4割以上の人々が動画広告をスキップしないで見続けることが、1,000人を対象にしたアンケート調査から判明しました。
さらに、「なぜスキップをしなかったのか?」その理由も明らかになりました。

thumb_skipad

ジャストシステムが2015年1月15日に発表した調査レポート「動画広告に関するアンケート」によると4割以上の人が、YouTubeの動画広告をスキップできるのにしなかった経験があることが判明しました。

また、「最後まで動画広告を見たことがある人」は39.2%と、完全視聴率の高さも見て取ることができます。

▼「TrueViewプレロール広告」をみた際の行動について(n=761)

fastask01

なぜ、動画広告をスキップしなかったのか

『動画をスキップしなかった理由について』を見てみると、半数近くもの人が「インパクトのある映像に引き込まれたから(46.8%)」と回答。また、43.4%の人が「自分自身の趣味や趣向に合っていると感じたから」と回答しています。

このことから、「開始5秒までの動画クオリティ」さらに「適切なターゲティング配信」がTrueView広告配信において非常に重要なことが分かります。

▼動画をスキップしなかった理由について(n=419)

fastask02

また、「好きなCMのシリーズ動画だったから」24.3%、「好きな芸能人やタレントが出演していたから」25.1%とのことから、有名芸能人などを起用したテレビCMの転用はTrueView広告には向いていない傾向があることが見て取れます。

調査方法

・期間:2015年1月5日(月)~1月6日(火)

・対象:ジャストシステムの運営するセルフ型ネットリサーチ「Fastask」のモニターのうち、事前の調査で「スマートフォンを利用している」と回答した10代~60代の男女1,000名。

 

[参考]

YouTubeの動画広告を、5秒経過しても“スキップしなかった”理由は?
https://www.fast-ask.com/report/report-dougakoukoku-20150115.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作×動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、800社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。

Page Top