menu

市場動向・レポート 2015年03月06日

2015年も高い期待を集める「動画」。大企業も続々実施を予定

キーワード: 動画広告

先日、国内のマーケティング担当者350名を対象にしたアンケートで、2015年実施したい/注目しているマーケティング手法に「動画制作・動画広告」がランクイン。

海外では動画マーケティングの効果が至る所で報告されていますが、それに比較すると国内ではまだそれほど多くの声が上がっていないのが現状です。しかし、大手・中小企業がこぞって動画戦略に乗り出す今年は、国内でも多くの検証結果や効果が明らかになることでしょう。

先日ソウルドアウト株式会社が、マーケティング担当者350名を対象に、マーケティング施策に関するアンケート調査を実施。その結果、2015年実施したい/注目しているマーケティング手法に「動画制作・動画広告」がランクイン。今年、動画マーケティングに取り組む企業が増加する予想です。

調査概要

調査期間 : 2015年1月23日〜25日
調査方法 : インターネットリサーチ
調査対象 : 20歳~59歳(男性・女性)、マーケティング・販促業務に携わっている方
調査数 : 350名

2014年は中小企業が動画マーケティングを積極的に実施

アンケート調査は大手/中小と企業規模別に実施。まず、2014年に実施したマーケティング施策を聞いたところ、中小企業では「SEO(24.1%)」に続き、「動画制作・動画広告」が18.4%で2位に。リスティング広告やアフィリエイト広告と回答した人よりも多い結果になりました。

一方、大手企業の実施施策には「動画」が見当らなかったことから、中小企業の方が、「動画制作・動画広告」といった新しい手法をいち早く取り入れている様子が見受けられます。

soldout01画像:データを元に弊社にて作成

また、コスト面や費用対効果といった側面から、TVCMを制作・配信できない中小企業であっても、低コストから手軽に始めることができ、豊富な露出方法を選択することができるWebCMは、手軽に取り組むことができたのかもしれません。

2015年、実施予定・注目しているのは「動画制作・動画広告」

また、2015年に実施予定/注目しているマーケティングを聞いた調査では、「動画制作・動画広告」が大手企業の回答の1位に挙がりました。更に中小企業でも、注目している施策の2位(実施有無に関わらず注目している施策では1位に)に「動画」がランクインしており、中小企業に続き、今年は大手企業も動画マーケティングを本格始動させる姿勢がうかがえます。

テレビCMを活用したプロモーションが確立している大手企業においても、Web動画を効果的に活用し、テレビのみではリーチし切れないターゲットへのアプローチを試みています。

soldout02

soldout3

“効果の実感”は未だ。多くの企業が、効果検証前段階か。

2014年の実施施策の中で“効果を感じた手法”を中小企業に聞いたところ、「動画制作・動画広告」はランク外という結果に。多くの企業が昨年取り組みを開始した段階で、未だ効果検証に入っていない、効果を実感するに至っていない状態であることが考えられます。

soldout04

現段階では、未だ多くの人がその効果を実感できている状況ではありませんが、大手・中小企業がこぞって動画戦略に乗り出す今年、国内でも多くの検証結果や効果が明らかになることでしょう。

 

*大企業と中小企業の定義は、以下、中小企業庁の定義に準じます。
■業種 : 従業員規模・資本金規模
■製造業・その他の業種 : 300人以下又は3億円以下
■卸売業 : 100人以下又は1億円以下
■小売業 : 50人以下又は5,000万円以下
■サービス業 : 100人以下又は5,000万円以下

大手企業向け動画制作

 

[参考]

マーケティング担当者350名に意識調査を実施

http://www.sold-out.co.jp/news/press/post-3889/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作や動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、1,500社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。