menu

ナレッジ 2014年07月28日

動画のPDCAできてる?YouTubeアナリティクスを使いこなそう。

キーワード: TrueView YouTube アナリティクス・効果測定 動画広告

視聴者の関心/エンゲージメントについての指標

1. 動画に対する視聴者の反応を知る

action

評価

高評価/低評価の追加件数を加算し、高評価/低評価の削除件数を差し引くことで動画に対する高評価と低評価の純変化を表示します。

rating

お気に入り

あなたのコンテンツをお気に入りに追加したユーザーの数と、お気に入りから削除したユーザーの数が表示されます。
期間と場所を選択してお気に入りの累積数を確認することができます。

favorite

コメント

コメントの内容は直接表示されず、動画に投稿されたコメントの数が表示されます。

comment

共有

YouTube の [共有] ボタンを使用してコンテンツが共有された回数と、視聴者が動画の共有に使用したサイト(Facebook、Tumblr、Blogger など)が表示されます。

share

どの動画で視聴者の反応が特に多いかを把握すると、効果の大きいコンテンツやプロモーション戦略を作成することができます。
高評価、低評価、コメント、共有が特に多い動画を調べて、視聴者の共感を多く得られるコンテンツのタイプを把握します。

2. アノテーションの効果を知る

title05

動画アノテーションのパフォーマンスに関する情報と、反応に関する情報(クリック率、動画上のアノテーションを閉じた割合(※)など)が表示されます。

anotation

アノテーション機能はクリックされて初めて価値があるものです。動画ごとにアノテーションのクリック回数を計測できるので設置した動画のアノテーションがきちんとクリックされているのか、確認しましょう。
アノテーションのクリック率が低い/クローズの割合が高い場合、アノテーションの表示場所や表示時間を最適化し、CTRに向上を目指します。

(※)アノテーションのクローズとは:アノテーションを設置すると下記のような表示になる。
この時、オンマウスで出てくる右上の閉じるボタンを押すこと。

close

3. 視聴者がチャンネル登録する理由を知る

subscriber

登録者数の増減をコンテンツ、地域、期間ごとに確認できます。登録者には、コンテンツへの関心が高く、定期的に動画を再生する傾向があります。「登録者」の指標は、登録者の増加をどの程度達成できているか、登録や登録の解除にどの動画が影響しているか、コンテンツの人気が特に高い地域を確認するのに役立ちます。

subscribe

チャンネル登録するきっかけとなっている動画は把握し、ユーザーがチャンネル登録する理由を理解すると、一般の視聴者を熱心なチャンネル登録者に変えるためのヒントが得られます。

事例:YouTubeアナリティクスを活用し、見事改善に成功!

ここで、実際にYouTubeアナリティクスを活用し、動画コンテンツを改良し、効果を生んだ事例をご紹介します。

米国のトレーニンググッズメーカーTRX(ティーアールエックス)は、早くから動画を配信していたものの、収益には結びついていませんでした。
その当時、TRXは確たる戦略を持たずに、動画の質よりも情報量を重視し、コンテンツをYouTubeチャンネルにアップするのみ。詳しい解説があるため動画自体も長く、そのコンテンツがどこにあるか、探すのも大変な状況でした。

trx01

同社はその後、YouTube動画の統計情報について分析し、理解を進めていきました。
まず、製品メッセージの優先順位を見直して動画自体を短くし、最初の3~4秒で視聴者を引き付けるように編集することから取り組みました。

trx02

動画の作り方を変え、動画広告(インストリーム広告)に出稿したところ、コンバージョン率は2倍。YouTubeからの収益もおよそ2倍になりました。
チャンネル登録者は6,000人を超え、ビュースルー率は20%、再生回数は累計200万回を超えました。

本事例はYouTubeアナリティクスを分析し、「自社の動画では長編動画は視聴者に向かない」と気づいたことが最大のポイントでした。

YouTubeアナリティクスの先にあるもの

YouTubeアナリティクスはデータを分析して終わりではなく、次回の動画制作に活かし、自社で定めたKPIへ一歩でも近づけるためのツールです。ご紹介した事例のようにどこで視聴者が離脱してしまうのか分析をし、改善策を練っていきましょう。

効果的な動画制作についてはYouTubeクリエイターハンドブックを読み解くシリーズも是非ご参考にしてください。

次回は、YouTubeチャンネルについて見ていきます。

YouTubeについて「こんなことが知りたい!」等ございましたらTwitterFacebbookお問い合わせページからリクエストもお待ちしております。

 

[参考]

YouTube アナリティクス - YouTube : http://www.youtube.com/yt/playbook/ja/yt-analytics.html

動画の効果計測方法(YouTubeアナリティクスの設定) | video-ad.net : http://www.video-ad.net/youtube_analytics.html

YouTube アナリティクス - YouTube ヘルプ : https://support.google.com/youtube/topic/3025741?hl=ja

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作や動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、1,500社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。