動画マーケティングの最新情報|movieTIMES ムービータイムス

movieTIMES ムービータイムス 映像制作の株式会社LOCUS

ノウハウ 2014年06月27日

”意外と知らない”YouTubeで再生数を伸ばす7のテクニック

企業によるYouTubeマーケティングが進む中、YouTubeから得られる成果を最大化するために、“YouTube最適化”と言われるテクニックが様々なところで紹介されるようになりました。

『タイトル』『サムネイル』『動画の説明』『カテゴリ』などの最適化が気をつけたいポイントとして一般的に挙げられますが、今回は「普段は見落としがちな、YouTubeマーケティングをもう一段成功へ導く7つのテクニック」をご紹介します。

YouTubeの効果を最大化するために、”検索エンジン最適化”ならぬ“YouTube最適化”のテクニックが様々なところで紹介されるようになりました。

一般的には、『目を引くタイトル』『適切なサムネイル』『動画の説明の最適化』『登録カテゴリの選択』などがポイントとして挙げられていますが、今回はそれに加えて、普段見落とされがちな、YouTubeマーケティングをもう一段成功へ近づけるための7つのテクニックをご紹介します。

新たな動画をアップする際のチェックリストとして、役立ててみてはいかがでしょうか。

1. サムネイル内の“文字”で惹きつける

YouTubeの最適化を行う上で、常に重要視されているサムネイルの選択。一般的には、動画の内容に適した画像が推奨されていますが、多くの動画の中から視聴者の目を留める工夫として、“文字”を使ったカスタムサムネイルを利用してみましょう。

通常のアカウントはサムネイルを、YouTube側がランダムに抽出した3つのキャプチャからしか選択できませんが、アカウントが良好な場合のみ、自由にサムネイルを変更することができます。その画像にをつけたり、文字を挿入したりするだけで、十分に他の動画との差別化が図れます。

thumbnails1

2.YouTubeは動画の保存場所ではなく、自社のチャンネルである

社内に動画コンテンツを豊富に保有しているからといって、テレビCMや、関係者向けのマニュアルなど、ただ闇雲にアップロードしてはいないでしょうか。

見た動画に興味を持ったユーザーの多くは、他の動画を探して配信者のチャンネルを訪れることがあります。その視聴者に継続的に動画を視聴してもらえるかの鍵を握るのが、チャンネルの最適化です。

YouTubeは動画のストック場所ではなく、YouTubeを訪れたユーザーに見てもらうための「動画」が厳選されていなければなりません。動画の数は多いほうがもちろん望ましいですが、そのためにコンテンツの種類が散漫してしまっているのであれば、無理に数を掲載する必要もないでしょう。

視聴者の目的、コンテンツの種類によって、見せるべき動画が整理されたチャンネルであれば、興味を持って訪れた視聴者の期待に応えるチャンネルとなるでしょう。

3.検索結果にも影響を及ぼす”字幕”機能

検索結果を左右するプログラムは、当然のことながら動画の“音声”内容を読み取ることができません。だからこそタイトルや説明文の最適化が重視されていますが、そこで見落とされがちなのが、字幕機能です。

YouTubeの字幕機能は、ただ翻訳をしてくれるだけの機能ではありません。YouTube動画中の全ての音声を文字に起こし字幕として登録しておくことで、タイトルや説明文と同じ、動画の情報の一つとなって、検索結果へ反映させることができます。

字幕機能の詳しい説明はこちら→http://www.movie-times.tv/service/1009/

また字幕をつけることで、音声を聞くことが出来ない環境の視聴者でも動画を利用しやすくなるなど、アクセシビリティの向上につながります。さらに余裕があれば、翻訳した字幕も登録しておくことで、世界中の視聴者に動画を見てもらえる可能性が高まるでしょう。

4.アノテーションで継続的に視聴させる

YouTubeの機能の1つに、「アノテーション」があります。これは、動画内にテキストやリンクボタンを設置し、別の動画や関連サイトへ遷移させることができる機能です。

視聴終了したユーザーは、多くの場合、次に見る動画を求めて関連動画や動画の再検索を行います。先ほど見ていた動画からは、一瞬にして離れてしまうのです。それでは、1回の接触機会に対し、1本の動画を見てもらっただけで終了させてしまったことになります。

「アノテーション」機能を使えば、継続して自社の動画を見せることが出来ます。別の動画の視聴だけでなく、動画から関連サイトへと誘導させることもできるため、たった1本の動画から、サイトトラフィック、コンバージョンに繋げる可能性が格段に高まります。

 アノテーションの使い方はこちら→http://www.movie-times.tv/study/how-to/4626/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作×動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、800社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。

Page Top