動画マーケティングの最新情報|movieTIMES ムービータイムス

movieTIMES ムービータイムス 映像制作の株式会社LOCUS

ついに言葉の壁はなくなった?!YouTube「音声自動認識キャプション(翻訳機能付き)」

2012年11月30日

キーワード: YouTube

YouTubeの便利機能である自動キャプション機能。その取り組みは2008年8月28日のスタートより進化の一途をたどっている。現在キャプション機能は、日本語での自動音声認識キャプションが可能になっています。今回はさらに言語・聴覚を超えたあらゆる面での、ボーダレス化を目指すYouTubeの自動キャプション機能の全貌をご紹介します。

2008年8月:キャプション機能スタート(多言語)

2008年8月に初めてYouTubeにキャプション機能が導入され、字幕が表示できるようになりました。しかしまだこの段階では、字幕テキスト(世界120以上の言語に対応)を音声のタイミングに合わせて、手動で挿入していくものでした。開始後間もなく、BBCのYouTube放送やMIT(マサチューセッツ工科大学)の講義動画、日本のアニメ等に、早速英語字幕が挿入されました。

2009年11月:音声認識技術によるAuto-caps機能と、Auto-timingツールの登場(英語のみ)

これまで字幕挿入機能や、字幕の自動翻訳機能を導入してきたYouTubeでしたが、同サイトの動画の大半は、その機能を利用したもの(もともと字幕有りの動画)がほとんどなく、聴覚障害者にとって不便な状況には変わりがありませんでした。こうした状況を打開するため、Auto-caps機能を開発しました。

Auto-caps機能とは音声認識技術(ASR)をYouTubeの字幕システムと連係させ、動画に自動的に字幕をつける機能です。音声認識技術はGoogle Voiceと同じものを使用し、これまで必要であった、手動の字幕挿入をしなくとも、音声認識技術が動画の音声を認識し、自動で字幕が現れるようになったのです。

同時に、音声認識技術の正確性が未だ完全ではないこともあり、用意したオリジナルな字幕を動画に挿入したいというユーザーのため、手動で字幕をつける場合に便利なAuto-timingツールの提供も開始しました。Auto-timingツールを使えば、これまで音声のタイミングに合わせ逐一字幕の挿入時間を手動調整しなければいけなかったものが、字幕に使う文章を書き込んだテキストファイルをアップロードするだけで、音声認識技術が動画内で音声が出るタイミングを分析し、音声にそれに合わせて字幕をつけてくれる音声と字幕の自動同期が可能になりました。

この段階でAuto-capsAuto-timingは共に英語のみに対応していました。

2011年3月:Auto-timing「キャプション自動同期機能」(日本語版)

2011年3月Auto-timingツール「キャプション自動同期機能」の日本語版が登場します。下記のようなテキストを用意し、アップロードするだけで動画内の音声と自動同期します。

字幕テキスト⇒動画中のタイミングに自動で合わせて挿入(手順詳細はこちら

【字幕テキスト】

【参考動画】

【参考画像】

字幕は、下記のキーボードのようなアイコンをクリックし「日本語(自動字幕)」をクリックすると表示されます。

2011年7月 Auto-caps機能「音声認識技術(ASR)」(日本語版) 

2011年7月、ついに音声認識機能を使って動画から自動的にキャプションが生成できる「Auto-caps機能(音声認識技術)日本語版の提供がスタート。 同機能で対応した言語は英語に続き2番目となりました。動画内の音声がテキスト化されることで、検索性が高まるというメリットに加え、日本語の音声を認識・文字化したものを、さらに中国語に翻訳するといったことも可能になりました。音声からの生成テキストをGoogle翻訳を介して各国語に翻訳されることで、日本発のコンテンツを世界の人々が見つけやすくなります。

【参考画像】

日本語版Auto-caps機能による字幕は、下記のキーボードのようなアイコンをクリックし「日本語(自動字幕)」をクリックすると表示されます。

【参考動画】

(!)・・・しかし、ご覧いただいた方はお分かりのように、その精度についてはまだまだこれからのようです。この自動生成されたテキストは、エクスポートして、修正し、再アップロードすることが可能です。そのデータを今後蓄積し、精度の向上を目指しています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作×動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、1,500社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。

Page Top

ご相談/見積依頼はこちら ▶