menu

クリエイティブ 2013年12月25日

これを見ればクリスマス気分!2013年版クリスマスに見たいWEBムービーまとめ

キーワード: インタラクティブ キャンペーン 動画広告 国内事例

今日は12月25日。そう、クリスマスです!
そこで、movietTIMES編集部では見るだけでクリスマス気分を味わえる動画をご用意しました。

Francfranc、カルティエ、googleモバイルなど・・・各企業が描く”クリスマス”とはどんなものでしょうか?
是非、彼らが描く”クリスマスの世界”を体験してみてください!

カナダ航空会社のクリスマスサプライズが世界中で話題に!

westjet

12月8日にアップロードされ、2週間で早くも3000万再生超を記録している、驚異的なクリスマスムービー!

大人になると「サンタなんていないし、そもそもプレゼントすらもらえない!」そんな人も多いかと思います。しかし、ウエストジェット航空が行ったクリスマスサプライズは違います!大人も子供も関係なく、欲しいものがサンタからもらえちゃうのです。
どうゆうことかは、動画を見てのお楽しみ。

▼サプライズの様子は3:00頃から…。全部見てみると、サンタの正体が分かります!

ストーリー

雪降る夜、2つの空港に、大きなスクリーンがついた巨大なプレゼントBOXが。
夜が明けると、搭乗者はそのBOXを使って航空券をスキャンし、カルガリーに向かう飛行機に乗り込む準備をします。

航空券をスキャンするとBOXについているスクリーンにサンタクロースが映し出され、搭乗者たちはサンタクロースに「クリスマスに欲しいものは何?」と聞かれます。

中には「でっかいスクリーンテレビ!」と答えるお母さんも。数時間のフライトの間に一体何が起こるのでしょうか・・・。

FrancFrancのクリスマスムービーでパーティー気分に!

francfranc

クリスマスには、気分を盛り上げるミュージックも欠かせません。

雑貨を扱うFrancfranc(フランフラン)は、クリスマスソングを集めたコンピレーションアルバムを発売し、その中のオリジナル楽曲 『Fun Fun Christmas』をテーマソングとしたCMを公開しました。TVCMを見た人もいるかと思いますが、WEB上では、ロングバージョンを公開。TVCMよりもさらに、パーティーの雰囲気を楽しめる映像となっています。

大人のクリスマスパーティーをイメージしたセットは、全てFrancfrancのアイテム。シャンパンゴールドを貴重とした装飾は、少しラグジュアリーな世界観に仕上がっており、FrancFrancのアイテムがパーティーを彩るアイテムとしての印象を視聴者に与えます。

ただ、アーティストとコラボレーションするだけの企画ではなく「パーティーにはFrancfrancのアイテムが相応しい」と思わせる動画です。

▼まるでパーティーに参加しているかのようなワクワクした気分に!

ストーリー

Francfrancがクリスマスを華やかにハッピーにする!というテーマのもと、オリジナルソング『Fun Fun Christmas』にのせて、最高に盛り上がるパーティーシーンを描いた今作。

楽曲を歌うシェネル・TEE・LEOたち3人はFrancfrancのメッセージを伝えるため、サンタクロースに成り代わってパーティーの主役たちに次々とマジックを仕掛け、ハッピーをプレゼントします。

カルティエを届けてくれるサンタクロース!?

cartier

カルティエがシリーズ作品として制作している「Winter Tale」ではサンタクロースとトナカイの代わりにページボーイ、ベビーパンサーがそれぞれのお家にカルティエの時計や指輪を届けます。

今年の動画はフルCGアニメーションで制作され、カルティエの商品も細部まで描かれています。ベビーパンサーの愛くるしい表情や動きもさることながら、カルティエの高級感溢れる世界観を見事に表現しています。

「我が家にもカルティエサンタ来ないかなぁ」と多くの人に思わせる、夢溢れる動画に仕上がっています。

▼精巧なアニメーション動画をご覧ください

ストーリー

1920年代、雪降る夜のパリ。静まりかえった街にUNICデリバリーバンがカルティエのお店から次々と発車します。
乗っているのはカルティエのページボーイとベビーパンサー。街にプレゼントを届けにいきます。
ある家には時計と指輪を鏡の前にそっと、ある家ではピアノの上に時計をそっと。
そうして、カルティエサンタがパリの街に幸せを配ります。

子供は大喜び!トイザらスのカタログの上におもちゃの街が!

toysrus

玩具大型量販店のトイザらスでは、ホリデーシーズンのおもちゃ用カタログにAR機能をもたせ、パンフレットのみでも子供たちが楽しめる仕掛けを用意しました。AR機能で見ることができるのは、電車が走る、雪降る街。
カナダ中で900万部も配られ、子どもたちに笑顔を届けています。

▼動く街の様子は30:00〜から

ストーリー

AR動画を見る方法は専用のアプリをダウンロードし、iPadなどでカタログをかざすことで、電車が動く街の様子が楽しめます。

動画広告×アノテーションを活かしたgoogleモバイルのクリスマス用動画

google

最後にご紹介するのは、今年、日本でも注目を集めた「動画広告」。Googleモバイルの動画広告は、YouTubeのアノテーション機能を効果的に使用しています。

まずは再生後、開始4秒間でアノテーションによる3つの選択肢が現れます。まだまだ「動画広告はSkipする」と思うユーザーも多い中で、すぐに選択肢を出すことで、興味喚起を促し、動画の続きを見てもらいやすくなるでしょう。

また、2人が出演しているGoogleモバイルのCMはTVCMとしても既に放送されており、ある程度のユーザーが認知をしている状態のため、この動画広告を楽しめる下地ができていると言えます。

▼ユーモア溢れるGoogleモバイルの動画広告

ストーリー

ルームメイトの2人の青年。「メリークリスマス!」というかけ声とともに、何が欲しい?と3つ選択肢が。答えによって違うムービーを見ることができます。

いかがでしたでしょうか?
他にもご紹介したいクリスマスムービーはたくさんありますが、その中からも選りすぐりの動画をご紹介しました。

今まで見てきた動画を振り返ってみると、航空会社や歌手がサンタクロースになったり、カタログが子どもたちの笑顔を作ったりと、人々が自分たちなりの「プレゼント」を届けているような気がします。
サンタクロースは決して遠い場所にいるのではなく、身近にいて、そして自分自身も誰かのサンタクロースになれるのかもと思わせてくれますね。

それでは皆さん、素敵なクリスマスをお過ごしください!Merry Xmas!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作や動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、1,500社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。