動画マーケティングの最新情報|movieTIMES ムービータイムス

movieTIMES ムービータイムス 映像制作の株式会社LOCUS

鉄拳の新作アニメ「家族のはなし」が伝える、地方紙の”小さくて大きな存在”

2014年01月08日

新聞離れが進む中、改めて新聞メディアの意義を伝える

インターネットで瞬時に知りたい情報を簡単に得られる現代、「新聞離れ」が若者層で急速に進んでいます。

2013年のアンケートでは、全体の41%が新聞を「ほぼ毎日」読んでいるという結果が出ましたが、これは2011年の調査と比べると7%減となっています。
さらに、中高年齢の読む割合は比較的高いものの、若年層ではその割合は顕著に下がっており、20代女性においてはなんと、半数が「読んでいない」という結果が出ています。

newspaper

リサーチバンク調べ:http://research.lifemedia.jp/2013/10/131016_newspaper.html

そんな中、長野県の地方紙、信濃毎日新聞が「家族のはなし」と題するキャンペーンを打ち出しました。
新聞離れが進むこの時代に、改めて新聞というメディアの意義を伝えようと、創刊140周年を記念し、地元・長野県大町市出身のお笑い芸人・鉄拳さんとコラボしてパラパラ漫画を制作したのです。

家族がテーマのこのパラパラ漫画。11月17日の「家族の日」に公開され、信州と都会が舞台となっており、鉄拳さん本人の自伝的なストーリーでもあります。

公開された動画は、新聞の印刷機で実際に印刷した作品を撮影し、アニメーションにした新しい試みで、合計で原画1918コマ、10分にも及ぶ鉄拳作品で史上最長となるものです。
その感動的な内容を見てみましょう。

新聞の切り抜きがつなぐ、家族の絆

この物語は、リンゴ農園を経営する家族とその息子との物語です。
将来の夢はりんご農園と語る主人公の男の子。

teken_01

男の子は成長し、陸上選手として大会で新記録を出すなど大きな成績を収めるまでに。

teken_02

しかし、不運にも怪我をしてしまい、選手としての道を絶たれてしまいます。

teken_03

自分の進むべき道を失った彼は両親の元を飛び出します。東京で仕送りを受けながら、大学生活の傍ら、バンドマンを目指すようになる彼。

teken_04

結果的には大学にはほとんど行かず、バンド活動に明け暮れる毎日。
なんとか、バンドマンとして成功を掴んだ彼は、両親に内緒で大学を中退してしまいます。

teken_05

しかし、成功から一転、解散。
夢破れた彼は、失意の中、故郷に仕方なく戻ることに。

teken_06

両親は温かく迎えてくれますが、なかなか素直になれません。

teken_07

そんな時、ふと、彼はタンスにしまってある箱を開けてみます。
中には、彼が載っている新聞の切り抜き・・・・。

入園式からバンド時代の成功・解散、そして秘密にしていた大学の退学まで、すべて両親は分かっていたことを彼は知るのです。

teken_08

悲しみと後悔にいっぱいになる彼に、感動的なラストが待ち受けています。
その泣けるラストとはどんなものでしょうか?

▼長編にも関わらず、思わず見てしまいます

 家族に寄り添う、地方紙の存在

両親が、箱に自分の息子の記事をたくさん集めていたように、地方紙は全国紙と違って、「地元の身近な出来事」までも伝えてくれます。

その出来事は家族に関わるものもあり、地方紙は家族をつなぐメディアとしても活躍していることが動画を通して伝わってきます。

毎日毎日、積み重ねることで、形になってゆく。新聞も、パラパラ漫画も、そして家族も、そこは一緒かもしれません。

心がじんわりと温かくなって、なんだか無性に家族と話したくなる。
自然とそんな気持ちになっていただけたら、とても嬉しいです。

同社はサイトにて家族と新聞について、そう語っています。
“誰もがスマートフォンなどで情報を簡単に引き出せるこの時代にこそ、新聞がいつも家族の中心にあり、絆を強める助けとなるということを思い返してほしい“という願いがこの動画には込められているのです。

そして、信濃毎日新聞は、家族に寄り添い続けてきた140年という歴史に訴え、家族の大切さについて考えるきっかけを与えようとしているのです。

kazoku

全国紙に比べれば、地方紙は限られたエリアでしか注目されない小さい存在と言えます。しかし、140年もの間、多くの家族の絆をつないできた大きな存在なのです。
この動画はそうした新聞メディアの意義を気づかせてくれました。

「新聞」を中心のテーマとし、「パラパラ漫画による表現」「ストーリー」「家族というコンセプト」の3つの要素が見事にシンクロし、心に響くこの動画。
動画は単にプロモーションする以上の力、大切なメッセージを伝える力をもちます。

今回のプロモーションでも、新聞メディアの意義を見つめ直してほしいというメッセージを伝え、そして多くの人に、家族について考えるキッカケを与えたのではないでしょうか。

 

[参考]

信濃毎日新聞創刊140周年記念 鉄拳「家族のはなし」

https://ad.shinmai.co.jp/kazoku/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作×動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、1,500社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。

Page Top

ご相談/見積依頼はこちら ▶