menu

ケーススタディ 2014年02月07日

ROI重視から企業理念の実現へ。ワコールが『動画』を重要視する理由。

キーワード: バズ/バイラル 国内事例 認知拡大

YouTubeの累計再生回数160万回を超えたワコールの「うわさのリボンブラ体操」動画。その後も魅力的な動画コンテンツを活発に配信し続ける、ワコール。

一体なぜ、動画プロモーションにこだわるのでしょうか?その理由を考察してみた今回の記事。
そこには、商品戦略とは異なる「ワコールの理念に基づく想い」がありました。

話題を集めシリーズ化した「リボンブラ体操」

2010年、それまでテレビを中心としたマスプロモーションを行っていたワコールがROIを重視するためにWEBを中心とした話題作りや興味喚起が重要だと考え、白羽の矢が立てられたのがYouTube動画。

このコンテンツとして「うわさのリボンブラ体操」が誕生しました。この動画は、ワコールのブラジャー「LALANリボンブラ」販促動画で、白人女性2人による印象的な歌と踊りが特徴です。

2010年、動画共有サイトYouTubeに初登場し、同年の「YouTubeで最も視聴された動画ランキング」8位を獲得。以降、このダンスを一般人が真似して踊る様子がYouTubeに数多く投稿され始め、さらなる人気を博したことでも知られています。13年12月には第6弾の動画も公開されています。

ワコールLALANうわさのリボンブラ体操 第6弾

「リボンブラ体操」のプロモーションについてはmovieTIMESでもその内容を詳しく取り上げました。しかし、有名なこの動画以外にも、ワコールでは動画を活用した様々なプロモーションを行なっています。さっそく、他の動画も見てみましょう。

商品の特徴を伝える商品紹介動画

まずは一般的にもよく活用される商品紹介の動画。ワコールは新商品のコレクション動画をブランドごとに定期的に配信しています。

こちらの動画では、コレクションのアイテムを身につけたモデルさんの動きとともに、商品の美しさや質感を伝えています。

商品紹介ビデオ 14SS salute コレクション

商品の紹介方法にも様々な表現方法があり、商品の特徴を交えて紹介している動画や、商品誕生までの貴重なエピソードを見ることができるデザイナーへのインタビュー動画なども公開しています。

wacoal

製品の扱い方理解を促す動画

製品の正しい扱い方や、つけ方についても動画で紹介されています。

こちらの動画では、ブラジャーのチェックポイント、正しいつけ方などをわかりやすく説明しています。

ブラジャーの正しいつけ方

続いては、上記の動画内でも説明されていたブラチェック体操をアニメーションで紹介している動画。コミカルな歌とキャラクターでユニークに伝えています。

ブラチェック体操

最後にご紹介するのは、ちょっとクセのあるオネエさん(?)が、料理に例えてブラジャーの正しい洗い方をレクチャーしてくれる動画です。

歌うブラキッチン 洗う

全ては「女性に美しくなってもらう」ために

以上のように、ここで紹介した動画だけでも、リボンブラ体操のような話題性のある動画から、商品紹介動画、商品の扱い方動画など、様々な種類の動画を公開しています。

その他にもワコールのYouTube公式チャンネルには180以上もの(※)動画がアップロードされており、ワコールが動画に力を入れていることが伺えます。 ※2012年12月時点

では、ワコールが動画をこれほど積極的に活用しているのはなぜでしょうか?
その答えは企業理念に隠されているようです。

ワコールは、創業以来、「女性に美しくなってもらう」こと、「女性が美しくなることをお手伝いする」こと、「女性の“美しくありたい”という願いの実現に役立つ」ことを事業の目的として努力してきました。

出典:ワコールの目標

この目標を体現するために、ワコールは人間科学研究所という研究機関を設置し、女性の身体を50年もの間にわたり研究しています。

wacoal_kenkyu

研究所では延べ40,000人以上の女性の計測を行い、それの実測データを、女性の「美」を追求するためのものづくりに役立てており、こうした研究からは、動いてもズレにくいブラジャーなどが誕生しています。

wacoal_kenkyu02

このようにワコールは企業理念である「女性に美しくなってもらう」為のたゆまぬ努力を続けており、ただ商品を売ることだけでなく、本人の身体にフィットした商品を手にしてもらい、そしてそれを正しく使用してもらってこそ、女性の美しさを引き出すことができると考えています。

そして、それを実現するための手段として用いられたのが、様々な目的や用途、表現方法で展開されている180本を超える動画なのではないでしょうか。

動画には様々な形で情報を伝える力を持っています。企業がWEBで展開するプロモーション動画は、商品の紹介であったり、企業のブランディングを目的として活用されるケースが多く見受けられますが、動画の持つ幅広い力を考えれば、本来企業が存在する目的である”理念“を実現するために、より様々な目的や用途で動画を活用できるのではないでしょうか。

最後に、ワコールが毎年企画する“女性のからだの美しさ”をテーマにしたカレンダー制作のメイキング映像をご覧ください。「下着で世の女性に美しくなってもらいたい」。
創業当時からの思いを、肌に夢の下着を描く"ボディアート"で表現したそうです。

ワコールのカレンダーを眺め、からだの美しさに感じ入りながら過ごす1年、365日がどうか素敵に紡がれますように、そんな思いが伝わってくるようです。

Wacoal 2014 calendar:まるで本物の下着"ボディアート"メイキングムービー

 

[参考]

ワコール人間科学研究所

http://www.wacoal-science.com/about/

ワコール・ニュースリリース

http://www.wacoalholdings.jp/news/54581.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作や動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、1,500社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。