menu

ナレッジ 2013年11月13日

[イベントレポート]YouTube/googleが語る、動画コンテンツの現在と未来

キーワード: YouTube

国内でも広がる動画活用

また、今回のイベントでは、国内でも動画を先進的に活用している企業の例として、「日本ロレアル社」と「キリンビール社」が参加し、それぞれの自社事例も紹介されました。

日本ロレアル社

Go Beyond Protection-最高のUVブロックだけじゃない-

サイトでは効果を説明すると、どうしても長くなってしまう「日焼け止め商品」。そのPR方法を別の形でできないか、と考えた時に生まれたのがこのWEB動画。

「作り手の押し売りにならない表現方法とは、何か」そうした想いを追求した結果、商品を紹介する映像をアート作品へと昇華させることで、存在感と高級感を高めるブランディングに成功しました。

キリンビール社

「のどごし 夢のドリーム」キャンペーン

「のどごし 夢のドリーム」キャンペーンでは、一般の方から”夢”を募り、それを叶えるというキャンペーン。現在第5弾まで夢を叶えており、「ジャッキーチェーンとの共演」から「カツラをかぶって写真集を作りたい」など様々です。

消費者の夢を叶え、気持ちをワクワクさせ、消費財である”ビール”へのイメージを変えることに挑戦。夢を叶えた動画は「ダイジェスト・本編・メイキング」と3編からなっており、TVCMという短い尺だけでは伝えられない部分をWEB動画との連携によって補っています。

編集後記:YouTube Pulseに参加して

今回、YouTubePulseでは、現在日本でも活躍しているYouTubeクリエイターの方々の話も生で聞くことができました。その中でも一番印象に残っている言葉は「TVで人気のあるコンテンツとYouTube(インターネット)で人気のあるコンテンツは違う」という言葉でした。

テレビのCMコンテンツをそのままTrueViewに使っても「これ、テレビで見たことがあるなぁ。」といった気持ちになり、多くのユーザーは興味を示さないでしょう。

また、企業が出したコンテンツよりもYouTubeクリエイターが作ったコンテンツの方が、はるかに再生数が多いこともあります。このような現状から、TVで人気のあるスター。いわゆる”有名人”を出せばコンテンツは見られるという常識はYouTube内では通じなくなってきており、人気のあるYouTubeクリエイターがその存在にとって変わってきている様子が見て取れました。

現在、YouTubeクリエイターのコンテンツ視聴者は、若年層が多いようですが、今後、この世代が大人になった時、”オンライン映像”の在り方は今とは確実に異なっていることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作や動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、1,500社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。