動画マーケティングの最新情報|movieTIMES ムービータイムス

movieTIMES ムービータイムス 映像制作の株式会社LOCUS

クリエイティブ 2013年05月02日

危険!シェフが手元を全く見ずに包丁をがんがんと振りおろす。ヒヤヒヤするその結末は?

ある事柄の危険性を伝えるために制作された、アルゼンチンのCM。鋭利な包丁を扱うシェフの携帯に着信が入るところからCMは始まります。

一体何を訴えているのか、皆さんはお分かりでしょうか?
普段聞き慣れたメッセージこそ、かえってアイデアひとつで新鮮味をもって視聴者の心に届けることが可能になる。それを実感できるCMです。

今回ご紹介するのは、ある事柄の危険性を伝えるために制作された、アルゼンチンのCMです。

一体何を訴えているのか、皆さんはお分かりでしょうか?

大きな包丁で硬そうなかぼちゃを調理しているシェフ。

2013y04m30d_191954120

側においてある携帯に、着信が入ります。

2013y04m30d_192111106

着信に応答したシェフは、

2013y04m30d_192144847

調理の手を止めることなく、通話しながらも包丁を振り下ろし続けています。

2013y04m30d_192203816

会話に夢中のシェフは、慣れたものなのか手元を全く見ずに、どんどん包丁を振り下ろしますが、

今にも自分の指まで切り落としてしまいそうな光景に、ひやひやして見ていられません。

2013y04m30d_192303156

実際のCMがこちらです。

お気づきでしょうか? CMの最後の、

運転中の携帯通話は、これと同じぐらい愚かなことだ』 というメッセージ。

2013y04m30d_192323632

このCM、実際は運転マナー向上を目的としたCMでした。

運転中の通話が危険であるとわかっていても、運転に慣れている人には、その危険性がなかなか伝わりにくいもの。しかし、ヒヤリ感を違った形で表現することにより、その危険性を改めて認識させることに成功しているCMではないでしょうか?

普段聞き慣れた「運転中の携帯使用禁止」のメッセージも、表現方法を変えることにより、新鮮さをもって視聴者に伝えることができるのですね。世の中に溢れているメッセージだからこそ、伝達手段のアイデアが一層光ります。

  • 国:アルゼンチン
  • 企業:Volkswagen
  • 業種:自動車メーカー
  • 概要:鋭利な包丁を扱うシェフの携帯に着信が入ります。シェフは電話に応答し、楽しそうに話ながらしかし調理は続けている様子。会話に夢中になっており、手元を全くみていません。このCMが示唆しているのは一体?

 

[参考]

Watch a Chef Almost Chop Off His Fingers in This VW Ad
http://eater.com/archives/2012/06/27/watch-a-chef-almost-chop-off-his-fingers-in-this-vw-ad.php

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作×動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、1,500社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。

Page Top

ご相談/見積依頼はこちら ▶