動画マーケティングの最新情報|movieTIMES ムービータイムス

movieTIMES ムービータイムス 映像制作の株式会社LOCUS

クリエイティブ 2013年04月26日

PR費用…云億円?「1万台のiPhone5でドミノ倒し」その衝撃の結末とは

「1万台のiPhone5でドミノ倒し」という、普通では考えられないチャレンジを行った企業がアメリカにありました。この超豪華ドミノチャレンジ。
ただiPhoneをドミノにしたかっただけなのか…iPhone5を1万台って一体いくらかかるのか…目的は何…不安すぎるこのドミノチャレンジどのような結末が待っているのでしょうか。

thumb

1万台のiPhone5でいざドミノ倒し開始!

アメリカの“Aatma Studio”というメディア制作スタジオが行ったこの超豪華ドミノチャレンジ。どうやってiPhone5を1万台も用意できるのか…しかもそれをドミノにしてしまうなんて…この会社、一体何を考えているのでしょうか。

なんだか不安な気持ちしか生まれてこないこのチャレンジですが、実際に動画を見てみると、不安な気持ちは何処へやら!
その鮮やか、かつダイナミックなパフォーマンスにYouTubeの再生回数は390万回を突破しています。

真面目に会議が行われている隣で、突然始まるドミノチャレンジ。社員たちのハイテンションぶりにもさすがに共感してしまう、豪華なドミノ倒しがスタートします。

2013y04m25d_151131969

パタパタとリズミカルな音をたててフロアや廊下を倒れていくiPhoneたち。

途中、ドミノがエレベーターを使って(!?)フロア移動を行うなど、普通のドミノ倒しであったとしても非常にハイレベルなiPhoneドミノショーです。

2013y04m25d_151621098

最終的には、倒れたiPhone画面でひとつの映像を映し出す、圧巻のエンディング。

2013y04m25d_151717952

とんでもないドミノチャレンジの全貌はコチラ。

1万台のiPhoneの正体は・・・・

実はこのドミノチャレンジ、現実に行われたものではなく、映像内に登場する全てのiPhoneはCGで制作されたものだったです!

動画を制作したAatma StudioはアメリカのCG制作会社であり、自社の優れたCG技術をアピールする動画だったのです。

ただiPhoneでドミノを楽しんでいるだけではなかったのですね…。

最後まで飽きられずに見られる、良い”プロモーション動画”とは

プロモーション動画に大切なことといえば、下記のような条件が挙げられます。

  • 1. まずは、再生を開始したくなるような魅力的なフックがあること。
  • 2. 再生後、最後まで見てもらえるか
  • 3. サービス/商品の機能性やクオリティが正しくそして魅力的に伝えられていること。

そして今回ご紹介した「iPhoneでドミノ倒し」は上記の3つの条件を、見事にクリアしている動画と言えるでしょう。

まずは無視せずにはいられない「iPhoneでドミノ倒し」という衝撃的なアイディアは、再生を促すフックとして大変魅力的です。

そして、ドミノ倒しというチャレンジがゆえ、最大の山場であるエンディングを見ない訳にいかない!という視聴者の心理から、「最後まで見てしまう」動画であることが想定されます。

またこの映像内のiPhoneがCGであることが視聴後に判明し、また動画を制作したのがCG制作会社とわかれば、そのCGクオリティは言うまでもなく素晴らしいということが伝わることでしょう。(私はCGだと言われた後に再度視聴しても、やはり本物に見えてしまいます…。)

  • 国:アメリカ
  • 企業:AatmaStudio
  • 業種:アニメーション・デジタルスタジオ
  • 概要:アメリカのCG制作会社、"AatmaStudio"が制作したのは、CGで作成したiPhone5でドミノ倒し!実際には何もないのに、あたかも現実で行われているかのように、ハイテンションでiPhoneドミノを見守っているスタッフの、演技力も素晴らしいです。

 

[参考]

AatmaStudio
http://aatmastudio.com/

AatmaStudio - YouTube
http://www.youtube.com/user/AatmaStudio

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作×動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、800社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。

Page Top