menu

電通、マスメディアとウェブ広告の相乗効果を最大化する統合マーケティングプラットフォーム「STADIA(β版)」を開発

2016年03月07日

株式会社電通は、マスメディアの接触を推定するアクセスログとウェブオーディエンスデータ(Cookie ID/広告ID/Twitterのユーザ ID)を統合することで、マスメディアとウェブ広告の相乗効果を最大化し、新たな価値を提供する統合マーケティングプラットフォーム「STADIA(β版)」(スタジア・ベータ版)を開発しました。

クラウドを活用した高速データ解析プラットフォーム「Dentsu.io」(電通アイ・オー)の機能拡張を行い、テレビの視聴を含むマスメディアの接触を推定するアクセスログデータを集約し、オーディエンスデータとの統合解析を可能とする「STADIA(β版)」をDentsu.io内に構築。これにより、オフラインの接触状況に基づくウェブ広告配信が可能になりました。

「STADIA(β版)」を活用することにより、従来のメディアの露出情報やパネルデータだけをもとに世の中のモーメントに合わせてウェブ広告を配信するだけでなく、マスメディアに対するひとりひとりの実接触状況に基づいて規定されたセグメントに対しウェブ広告を配信することで統合マーケティングの新たなKPIの設定・改善ができるとのことです。

現在、「STADIA(β版)」の本格運用による統合マーケティングの実践に向けた取り組みのひとつとして、テレビの視聴行動や番組の嗜好性に基づいてウェブ媒体向けに広告を配信する「視聴ログターゲティング」の実証実験を開始。
インターネットに結線されたテレビ受像機から取得できるユーザの利用許諾を頂いた実視聴履歴や株式会社IPGが保有する電子番組表スマートフォンアプリ「Gガイドモバイル」※1の音声認識から取得できる視聴情報をもとに特定されたCM接触者に対してDSP(デマンドサイドプラットフォーム)※2で広告を配信したり、テレビに関するTwitterの書き込み情報をもとに推定されたCM接触者に対してTwitterAdsAPI※3でプロモツイート(Twitter上でPromotedというラベルが明示的に表示される広告の総称)を配信した上で、キャンペーン後、あるいは最中のPDCAによって統合マーケティングのKPI改善を図る取り組みを行っています。
なお、視聴ログデータで特定もしくは推定されたオーディンエスの質とウェブ媒体の広告枠の質の相乗的な広告効果を高めるために、DSPでの主な広告配信先は、付加価値の高い限定されたプレミアム広告枠を中心に形成される電通独自のPMP(プライベート・マーケット・プレイス)となります。

主な機能

・マスメディアへの接触状況や視聴者の嗜好性を解析する機能
・マスメディアのアクセスログデータをCookieや広告IDに変換・拡張する機能
・さまざまなデータ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)と接続する機能

20160307_Stadia概念図

※1:ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、Gガイドモバイル、G-GUIDE MOBILE、およびGガイド関連ロゴは、米国Rovi Corporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標
※2:DSP
Demand-Side Platform(デマンドサイドプラットフォーム)の略称であり、ウェブ広告においてデマンドサイド(広告主側=需要側)が使用する広告配信ツール。広告主による広告効果の最大化を支援する機能を担う
※3:TwitterAdsAPI
Twitterが提供している広告配信の仕組みで、通常の管理画面では実現できないデータ解析に基づくプロモツイートを可能にする仕組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作や動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、1,500社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。