動画マーケティングの最新情報|movieTIMES ムービータイムス

movieTIMES ムービータイムス 映像制作の株式会社LOCUS

LINE、ライブ配信プラットフォーム「LINE LIVE(ラインライブ)」提供開始

2015年12月10日

キーワード: ライブ配信

LINE株式会社は、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」 において、ライブ配信プラットフォーム「LINE LIVE(ラインライブ)」(以下、「LIVE」)の公開を発表しました。

LINEは、2014年2月より試験的な取り組みとして、タレント・アーティストなどの著名人や企業の公式アカウントを通じてライブ映像を配信する機能「LINE LIVE CAST」を展開。多くのユーザーに好評を得たことから、サービスの機能・コンテンツラインナップ共に大幅に拡充し、新たに「LIVE」として提供を開始しました。

「LIVE」は、コミュニケーションアプリ「LINE」の保有する国内5,800万人のスマートフォンユーザー基盤と高いアクティブ率、プッシュ通知機能の仕組みを活かしたライブ配信プラットフォームです。コンセプトは“ LIVE is Real ” 。
時間や場所を選ばずリアルタイム(Real time)に、パッケージ化されていないリアリティー(Reality)のある情報・コンテンツを、LINEならではのつながり(Relationship)を活かすことで、”今、その瞬間”を楽しめるスマートフォンならではの視聴体験を実現いたします。

LIVE サービス概要

1.リアルタイムで配信される番組

「LIVE」公式アカウントやタレント・アーティスト・企業の公式アカウントと連動し、ユーザーが日ごろ利用している「LINE」アプリからプッシュで番組情報が届くため、アカウント登録しているユーザーはリアルタイムで映像・番組を見ることができます。
また、当日放送される番組情報一覧は「LIVE」公式アカウントから毎日ダイジェスト形式で配信されるため、お気に入りの番組を気軽にチェックすることも可能です。

サービス開始当初は試験期間として、スマートフォンの利用率が高い11時前後~14時、18時~24時前後に限定して番組を配信します。

LIVE_2

2.多種多様な映像コンテンツ

・公式パーソナルライブ

アーティストのライブ前の様子やスポーツ選手の試合以外のプライベート映像といった、普段見ることができない著名人のリアルな情報

LIVE_3

・公式番組

イベント・劇場・TV/ラジオ番組・スポーツなど

LIVE_4

なお、サービス開始当初は著名人・アーティスト個人による映像配信が主体ですが、2016年早々に一般個人による配信も可能になる予定です。

3.多人数による同時コミュニケーション

「LIVE」では、「LIVE」公式アカウントだけでなく、スマートフォンアプリ(iOS/Android)やWebブラウザ(PC・スマートフォン対応)からも視聴することができます。

LIVE_8

アプリではその日配信される番組表を確認できるほか、視聴中に他のユーザーから投稿されたメッセージを見ることができ、多人数でのコミュニケーションを楽しむことができます。また、配信された番組はアーカイブで後から視聴することも可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作×動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、800社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。

Page Top