動画マーケティングの最新情報|movieTIMES ムービータイムス

movieTIMES ムービータイムス 映像制作の株式会社LOCUS

海外統計・レポート 2015年06月30日

モバイルが動画視聴と広告の成長を牽引。プログラマティック・トレーディングがトレンドに

キーワード: モバイル

Telstraの子会社としてプレミアム動画の配信、分析、収益化で業界を牽引するOoyala(ウーヤラ)は、世界中のオンライン動画配信状況や視聴傾向が分かる指標調査レポート「Global Video Index Report」の最新版(2015年第1四半期 / 2015年1月~3月)を公開しました。

今期のレポートでは、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末での視聴が、すべてのオンライン視聴の42%を占め、中でもスマートフォンがモバイル視聴の伸びを牽引し、タブレットでの視聴の4倍となっています。テレビ放送局は、出版社などのパブリッシャーやメーカーなどの企業と比較して、その傾向がとりわけ顕著で、全視聴の半数以上がモバイル端末からの視聴となっており、動画広告についてもPCからモバイル端末向けにシフトしていることが明確になりました。

また今回のレポートでは、個々の視聴者向けのコンテンツ・レコメンデーションが視聴者の獲得やレベニュー向上に与える影響、および、プレミアムコンテンツプロバイダと広告主の間で注目を集めるプログラマティック・トレーディングについての最新動向を明らかにします。

モバイル視聴の成長と収益化

今回のレポートは、コンテンツ戦略を立案する際、他のどの端末よりも急激に視聴が増加し続けているモバイル端末を重視すれば、収益性を向上させる可能性があることを明確にしています。今期は、タブレットでとスマートフォンを合わせたモバイル端末での再生は42%となっており、前回(2014年Q4)よりも24%向上、昨年2014年同期と比較すると100%、過去2年間での成長率は367%となります。

ooyala_2015q1_01

今期のレポートで明らかになったモバイル端末での視聴の伸びは、「2015年末までには、すべてのオンライン視聴の50%がモバイルになる」という予測を裏付けています。

コンテンツ・レコメンデーション

今回のレポートでは、コンテンツプロバイダは、視聴経験をパーソナライズすることにより、視聴者のエンゲージメントを高め、収益増加につなげることができることを示しています。
レコメンドされた動画が実際に再生された割合を示す「Discovery starts ratio」(例えば、10回レコメンドして4回再生されたら40%とする)を追跡すると、視聴者はレコメンドされたコンテンツの50%を再生するとみています。

業界ごとのDiscovery starts ratio の内訳は以下の通りです。
・ニュース放送 : 33% ~ 44%
・スポーツ放送 : 40% ~ 53%
・消費者向けパブリッシャー : 33% ~ 58%

プログラマティック・トレーディングへの確信が高まる

今回のレポートは、業界全体が急速にプログラマティック・トレーディングに向かっていることを示しています。
放送局やパブリッシャーの間で、プログラマティック・トレーディングのマーケットプレースで使用される識別情報である「Deal ID」による取引は、2015年1月から3月の間で、毎月79%伸びています。
「RTB(real-time-bidding)」経由の広告表示はQ1を通じて毎月150%近くの増加を見せており、これは従来のネットワーク経由での広告表示が毎月21%の現象をみせたのと対照的です。
また、RTB向けのCPMは上昇を続けており、プレミアムコンテンツの所有者はプログラマティック・トレーディングにより広告販売を自動化する手法を確立してきていることを示しています。

ooyala_2015q1_02

OoyalaのCEOであるJay Fulcher(ジェイ・ファルチャー)は次のように述べています。

「OoyalaのGlobal Video Indexは、消費者の視聴動向の急速な変化を示しており、これは、コンテンツプロバイダ、サービスプロバイダ、および広告主にとって、新しい課題でもありチャンスでもあります。Ooyalaは、動画視聴に適したモバイルデバイスの普及、プレミアムコンテンツやOTT向けに制作されたコンテンツなど、動画消費を大々的に再形成する大きなトレンドがあるとみています。パーソナライゼーションを鋭く見据えたモバイルファーストの考え方は、これまで以上に重要になってきています」

その他のハイライト

オンライン視聴

  • 放送局のコンテンツはその視聴時間の53%がモバイル端末、47%がPCで再生されている。モバイルへの視聴シフトは、特に10代20代の若い世代の視聴者により牽引される傾向にある。
  • 2015年の第1四半期のモバイル端末視聴はスマートフォンがタブレットを大きく上回り、全ての再生の34%がスマートフォンで再生されており、タブレットでの再生はわずか8%でした。

オンライン広告

  • 放送局コンテンツでの広告完了率はタブレットとPCで89%となっており、スマートフォンは79%でした
  • パブリッシャーは、それよりも若干低く、PCは73%、スマートフォンは71%、タブレットは67%でした。
  • 広告のフィルレート(広告表示率)はPCが依然として最も高く、パブリッシャーはで77%、テレビ放送局では64%でした。

 

[リリース元]

Video Index: Inside the numbers with Discovery :
http://www.ooyala.com/online-video-index

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作×動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、1,500社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。

Page Top

ご相談/見積依頼はこちら ▶