動画マーケティングの最新情報|movieTIMES ムービータイムス

movieTIMES ムービータイムス 映像制作の株式会社LOCUS

リンクシェア・ジャパン、TubeMogulと連携。新たな動画広告メニューを「完全視聴型課金」方式で提供。

2015年03月31日

キーワード: 動画広告

リンクシェア・ジャパン、TubeMogulと連携。新たな動画広告メニューを「完全視聴型課金」方式で提供

2015年3月31日

[プレスリリース]
楽天グループのリンクシェア・ジャパン株式会社(以下「リンクシェア・ジャパン」)は、オンライン動画広告プラットフォームを提供する米国TubeMogulの日本法人である株式会社チューブモーグル(以下:「TubeMogul」)と連携し、リンクシェア・ジャパンのディスプレイ広告配信サービス「MediaForge(メディアフォージ)」において新たにオンライン動画広告メニューを加え、「完全視聴型課金」(※注1)方式で本日から提供します。

「MediaForge」は、ユーザーが広告を見たことを示す「エンゲージメント」(※注2)という新しい広告指標をベースとしています。同サービスでは、動画広告において動画が1つのストーリーとして最後までユーザーに見られた時に広告のメッセージが伝わるという考えから、今回の新メニューでの「エンゲージメント」を「動画広告の完全視聴」と定義し提供することにしました。

広告主にはユーザーが動画を最後まで視聴した場合にのみ費用が発生するので、広告主は「完全視聴」された動画広告の効果を測ることができ、より効率的に商品やサービスの認知向上を図ることが可能になります。

tm01

TubeMogulは、広告主のためのオンライン動画広告配信枠の買い付けに特化したプラットフォームを提供しており、世界で月間約24億の動画広告配信枠を保有しています。あらゆる動画広告をパソコンやモバイル端末などのマルチデバイスに対して一元的に配信・管理することができ、ブランドリフト調査をはじめとした定量調査や効果測定の機能により広告投資効果の最適化を図ることが可能です。また、不正サイトのブロック機能や予約型広告配信枠の買い付けなども提供しており、企業やサービスのブランド管理を総合的にサポートします。

リンクシェア・ジャパンは今後、認知から購買促進まで各広告主の目的に沿った効果の高いサービスを提供できるよう、オーディエンスデータを活用した動画広告の効果検証と広告配信の手法を検討してまいります。

tm02

注1
「完全視聴型課金」方式とは、広告動画がユーザーに最後まで視聴された時にはじめて広告主に広告料が課金される方式です。
注2
「MediaForge」は、ユーザーが広告上で行うあらゆる行動(操作)を“エンゲージメント”と呼び、ユーザーが広告を見たことを示す指標として定義しています。

 

[リリース元]

リンクシェア・ジャパン、TubeMogulと連携し、「MediaForge(メディアフォージ)」において新たに動画広告メニューを「完全視聴型課金」方式で提供 | MediaForge : http://jp.mediaforge.com/press/150331.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作×動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、1,500社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。

Page Top

ご相談/見積依頼はこちら ▶