動画マーケティングの最新情報|movieTIMES ムービータイムス

movieTIMES ムービータイムス 映像制作の株式会社LOCUS

YouTubeのスマートフォンからの利用者は3,000万人超 【ニールセン調べ】

2015年02月26日

キーワード: YouTube モバイル

YouTubeのスマートフォンからの利用者は3,000万人超 【ニールセン調べ】

2015年2月24日

[レポート]
視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー)、および、PC版インターネット視聴率情報Nielsen NetView(ニールセン・ネットビュー)のデータをもとに、「ビデオ/映画」カテゴリの最新の利用動向を発表しました。

調査結果サマリー

・「ビデオ/映画」カテゴリはスマートフォンからの利用者がPCからの利用者数を大きく超える
・「ニコニコ動画」はPCの34歳以下男性の割合が28%、「YouTube」「GYAO!」よりも高い
・「YouTube」「ニコニコ動画」はデバイスごとに利用時間、利用頻度の傾向が異なる

ニールセンが独自に分類する「ビデオ/映画」カテゴリ全体で1年間の利用者数推移を見ると、スマートフォンからの利用者数は増加しており、2015年1月では3,700万人超となりました。これはスマートフォンからのインターネット利用者の80%が利用していることになります。それに対し、PCからの利用者数は緩やかながら減少傾向となっていました。

20150224_01source
スマートフォン:Nielsen Mobile NetView ブラウザとアプリからの利用
PC:Nielsen NetView 家庭および職場のPCからの利用
※Nielsen NetViewは2歳以上の男女、Nielsen Mobile NetViewは18歳以上の男女

また、「ビデオ/映画」カテゴリの中で、PC、スマートフォンともに2015年1月の利用者数ランキング上位3サービスである「YouTube」、「ニコニコ動画」、「GYAO!」を見ると、1位の「YouTube」はスマートフォンからの利用者が3,000万人を超え、PCの1.6倍となっていました。また、「ニコニコ動画」もスマートフォンがPCの1.7倍となっているのに対し、「GYAO!」はPCがスマートフォンの1.7倍となっていました。また、「GYAO!」は年間を通して、PCからの利用者がスマートフォンを上回っていました。

▽各スクリーンからの「YouTube」「ニコニコ動画」「GYAO!」 利用者数 2015年1月

20150224_02source
スマートフォン:Nielsen Mobile NetView ブラウザとアプリからの利用
PC:Nielsen NetView 家庭および職場のPCからの利用
※Nielsen NetViewは2歳以上の男女、Nielsen Mobile NetViewは18歳以上の男女

利用者属性を見ると、3サービス全てで各デバイスのインターネット利用者全体の傾向と同様に、PCは男性、スマートフォンは女性の割合が高くなっていました。また、「ニコニコ動画」はPCの34歳以下男性の割合が28%となっており、他の2サービスよりも10ポイント程度高くなっていることが特徴です。

▽各スクリーンからの「YouTube」「ニコニコ動画」「GYAO!」 の利用者属性割合 2015年1月

20150224_03Source
スマートフォン:Nielsen Mobile NetView ブラウザとアプリからの利用
PC:Nielsen NetView 家庭および職場のPCからの利用
※Nielsen NetViewは2歳以上の男女、Nielsen Mobile NetViewは18歳以上の男女

次に、図表4をみると3サービス共に一訪問あたりの利用時間はスマートフォンよりもPCの方が長くなっていました。特に「ニコニコ動画」では、PCからの利用時間は27分で、スマートフォンの3分と比較すると約9倍の差がみられました。また、「YouTube」はPCよりもスマートフォンの方が一人あたりの利用回数が多くなっており、「ニコニコ動画」「GYAO!」と傾向が異なっていました。

▽各スクリーンからの「YouTube」「ニコニコ動画」「GYAO!」 のポジショニングマップ 2015年1月

20150224_04Source
スマートフォン:Nielsen Mobile NetView ブラウザとアプリからの利用
PC:Nielsen NetView 家庭および職場のPCからの利用
※Nielsen NetViewは2歳以上の男女、Nielsen Mobile NetViewは18歳以上の男女

弊社シニアアナリストの今田智仁は、「近年、スマートフォンの躍進によりいつでもどこでも動画を見ることができるようになりました。またSNSでもタイムライン上で自動再生される等、動画閲覧の機会も増えてきました。”伝える”という観点では、動画を通してのコミュニケーションはテキストや静止画より効果が高いケースもあり、消費者との距離を縮めるマーケティング手法として企業からも注目を集めています。

また、今回の調査では、サービスごとに利用者属性やデバイスからの利用回数、利用時間の傾向が異なることがわかりました。これは、コンテンツの種類や、コメントを入力できるインタラクティブ性といったようにサービスの特徴も関係していると思われます。企業の動画活用は、サービスの特徴を踏まえ、どのような消費者が、どういったシーンでどのデバイスから動画を見ているのかを考慮し、コンテンツや広告を制作、配信していくことが重要でしょう。」と述べています。

[リリース元]

YouTubeのスマートフォンからの利用者は3,000万人超 ~ニールセン、「ビデオ/映画」カテゴリの最新利用動向を発表~:
http://www.netratings.co.jp/news_release/2015/02/Newsrelease20150224.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作×動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、1,500社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。

Page Top

ご相談/見積依頼はこちら ▶