動画マーケティングの最新情報|movieTIMES ムービータイムス

movieTIMES ムービータイムス 映像制作の株式会社LOCUS

2016年までに「モバイル&タブレット端末」がオンライン視聴の半分を占めると予想

2014年04月07日

キーワード: モバイル

2016年までに「モバイル&タブレット端末」がオンライン視聴の半分を占めると予想【Ooyala調査】

2014年4月7日

[プレスリリース]
プレミアムビデオ配信・解析・収益化のイノベーションリーダーであるOoyala(ウーヤラ、本社:米カリフォルニア州)は、2013年第4四半期(2013年10月~12月)の世界中のオンラインでのビデオ配信状況や視聴傾向がわかる指標調査レポート「 Global Video Index」を公開しました。

「Global Video Index」は、世界130カ国以上、約2億人の視聴者の視聴習慣データを匿名で毎月測定し、また、毎日数十億件のビデオ解析イベントを処理してまとめたものです。Ooyalaは、2011年から四半期ごとに公開しており、放送局、ケーブルテレビ、オンラインメディアを含む企業の収益性向上を支援しています。

調査結果トピックス

・タブレット端末が2016年までにオンライン視聴の半分を占める予想
・モバイル&タブレット端末による視聴はこの3年間で719%に増加
・ライブスポーツのオンライン視聴がすべてのデバイスで増加

今回のレポートでは、モバイルおよびタブレット端末によるオンライン視聴が、2011年第4四半期以来3年間で719%と記録的な伸びを示しました。

ooyala01

前年度比は160%で、モバイルおよびタブレット端末によるオンライン視聴の著しい増加は、放送事業者がクロスデバイスで視聴を可能することで収益を上げることができ、また、広告主は、モバイルとタブレット端末が加わることがより多くの視聴者に向けて宣伝できるチャンスであることを立証するものです。
現在のペースで推移した場合、モバイルおよびタブレット端末による視聴は、2016年までにすべてのオンライン視聴の半分を占めるほどになるとOoyalaは予想しています。

モバイルおよびタブレット視聴の爆発的成長

Ooyalaによる最近の調査では、回答した放送局や配信社、数百社の99%が、モバイル端末は自社のオンライン事業にとって重要かつ不可欠なものだと考えていることが分かりました。

ooyala001

この流れは、Univision社が最近開始したTV Everywhereサービスや、Foxtel社新しいビデオストリーミングサービスであるPrestoなど、世界中で証明されています。

ビデオの再生が可能なモバイルデバイスが浸透する中、大手放送局も新しいマルチスクリーンサービスの展開に乗り出しており、モバイルオンライン視聴は急速に拡大し続けています。
消費者がモバイルまたはタブレット端末でビデオを見て過ごす時間は、今四半期単独では、すべてのオンライン視聴の4分の1を越えています。また、モバイル端末の視聴者は視聴時間の半分以上を30分以上の長編ビデオに費やしており、タブレット端末の視聴者では視聴時間の35%を費やしていました。
さらに、モバイルでのビデオ再生の割合は2013年の第3四半期から第4四半期までで21%上昇しました。

ooyala02

スポーツビデオの視聴がすべてのデバイスで増加

今回の「Global Video Index」では、スポーツ放送事業者が先進技術を視聴者に届けることに最も積極的であること、そしてスポーツファンは、視聴機器が何であれ、最も積極的なビデオ消費者であるということも明らかになりました。 平均すると、モバイル視聴者は、1回あたり、ビデオオンデマンド(VOD)の3倍の時間にわたりライブスポーツを視聴しており、またタブレット視聴者は、1回あたりスポーツ以外のライブビデオの2倍の時間にわたってライブスポーツを視聴していました。

デバイス別の動向といった観点から見ると、スポーツの全視聴時間のうち10分以上のビデオの視聴に費やしていた時間の割合は、モバイル視聴者が62%であるのに対して、インターネットTVの場合は87%でした。しかしながら、モバイル視聴者の場合、長時間にわたって試合のハイライトや総集編を見続けていることがよくあります。

2013年第4四半期「Global Video Index」その他のハイライト

  • 視聴者はライブビデオの視聴1回あたりに、インターネットTVでは平均42分間以上、PCでは約35分間を費やしています。
  • タブレット端末の場合、ライブコンテンツは、VODコンテンツの2倍近く配信されています。
  • この一年で、すべてのビデオのうちタブレットで再生されたビデオの割合が6%上昇したほか、モバイル端末で再生されたビデオの割合はタブレットの10倍のペースで増大しました。
  • 10月には、モバイルとタブレットにおける再生時間の合計が全体の18%以上を占め、12月末までには26%以上に達し、43%の伸びを記録しました。

OoyalaのCEO、Jay Fulcher(ジェイ・ファルチャー)は次のように述べています。
「スポーツコンテンツは、 ライブやモバイル視聴においては特に、デジタル配信におけるリーディング・イノベーターとなっています。当社のデータは 、人々のテレビ・ビデオの消費の変遷を示し続けているとともに、放送局に対して、特にスポーツ分野において、視聴者を引き付け、増やし、コンテンツ権の収益性を最大化するグローバルな機会を提示しています」

[リリース元]

Ooyala | Unlocking the true revenue potential of digital TV.
http://www.ooyala.com/

「Global Video Index」のダウンロードURL
日本語版
http://www.ooyala.com/jp/online-video-index?utm_campaign=VideoIndexQ42013
英語版
http://www.ooyala.com/online-video-index?utm_source=PRWire&utm_medium=PressRelease&utm_campaign=VideoIndexQ42013

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作×動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、1,500社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。

Page Top

ご相談/見積依頼はこちら ▶