動画マーケティングの最新情報|movieTIMES ムービータイムス

movieTIMES ムービータイムス 映像制作の株式会社LOCUS

15万円の”高価商品”を安〜く感じさせる、斬新なPR方法とは?

2014年01月31日

あなたの体、いくらで売れる?!

「借金のカタに臓器を売るぞ」という脅し文句は漫画などで見かけることのある表現ですが、実際に人体を闇市場で売ると一体、いくらになるのでしょうか?
その値段が分かる動画を、ロシアのとある会社が公開しました。人体の総額を算出することで、どのような商品をPRしているのでしょうか。
早速その内容を見てみましょう。

頭皮8万円、目玉は10万円、歯と歯ぐきで15万円という値段。

body1

内臓を見てみると、心臓は3000万円ほどで、膵臓500万円、肝臓は1500万円等と高めの値段設定です。

stomach

肩が10万円に手が5万円、骨髄1gあたり200万円と、高いのか安いのか分からなくなってしまうような値段のものも。

shoulder

さらに、血液1リットルあたり3万円、足首10万円と続きます。

blood

最後は、皮膚1平方cmあたり 500円で、膝が10万円という値段で終わります。

skin

全てを足すと、30億7605万円!これが人体を闇市場で売った場合のおおよその額のようです。
「人の命はお金には換えられない」とは言いますが、こうしてリアルな額を見ると人体には結構な値段が付けられていることが分かります。

30億円を守る商品とは?

実はこの映像、医療動画でも犯罪撲滅動画でもありません。
バイクライダー用のヘルメットやプロテクターなどのギアを販売する会社のPR動画なのです。
動画の冒頭には、「ヘルメットなどのギアは全部で15万円ほど」と紹介していて、『30億円以上もする人体をたった15万円のギアで保護することができる』ということをPRしているのです。

guia

このように、製品単体では15万円と一見高価に思えますが、人体の値段と比較するという、非常にユニークなアイディアで、商品が「30億と比べたら安いものだ」と思わせることに成功しています。
また、ギアは30億円もする価値のある身体を守る大きな役割を果たしていることを強調し、商品が持つ、当たり前だけれども、”軽視されがちな商品の価値”をも伝えているのです。

 

[参考]

▼実際の動画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作×動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、1,500社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。

Page Top

ご相談/見積依頼はこちら ▶