menu

雑誌「VOGUE」を手がける企業コンデナスト・グループが、社内に動画制作チームを設置

2012年11月21日

キーワード: 国内事例

『VOGUE JAPAN』をはじめ、『GQ JAPAN』『WIRED』『VOGUE girl』などを手がけている、CONDÉ NAST GROUP(コンデナストグループ)は、2012年11月19日より社内部門の一つとして、ビデオ・チームを新設しました。

CONDÉ NAST GROUPは、これまでもマルチメディアカンパニーとして雑誌を軸に、ウェブサイト、電子雑誌などを通じてコンテンツ発信を行ってきましたが、今後、新設したビデオ・チームは、動画コンテンツ製作を専任とし、スチル撮影の舞台裏やイベント、パーティなどの取材のほか、動画でしか表現しえない新たなコンテンツ作りを内製します。編集後の動画は、ウェブサイトや電子雑誌などを通じて発信を予定しています。

代表取締役社長の北田氏は「スマートフォンやタブレット端末の普及や、アプリ利用の拡がり、パソコンでの動画視聴習慣の定着に伴う、新たな動画表現へのニーズの高まりを受け、このたびビデオ・チームを新設するに至りました。コンデナスト・グループでは、他の出版社に先がけて、世界各国で電子雑誌を手がけてまいりました。さらに、動画コンテンツ製作の専任チームを設けることで、クオリティの高いクリエイティビティ溢れるコンテンツ作りを一層加速し、マルチメディアカンパニーとしてさらなる飛躍を遂げるべく、邁進してまいります」と述べています。

世の中のニーズを先見し、マルチメディアカンパニーとして世界をリードし続けるCONDÉ NAST GROUPが、これからどのような形で動画活用コンテンツを配信していくのか、それらは全体のプロモーションにどのような影響を与えていくのか、今後の動向に注目です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作や動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、1,500社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。