動画マーケティングの最新情報|movieTIMES ムービータイムス

movieTIMES ムービータイムス 映像制作の株式会社LOCUS

ケーススタディ 2013年05月30日

テレビCMとWEBサイトの主従関係が変わる!?「続きはWEBで」の新しい形

数年前からテレビCMで頻繁に目にする『続きはWEBで』。あくまでテレビCMありきで存在していたWEBコンテンツですが、その主従関係が逆転した広告キャンペーンが登場しました。これまでとは違う「WEBサイトのための」テレビCM利用をご紹介します。

デニムファクトリー Lee Japan は2013年5月1日より、『好きな事をしよう、自由になろう、外へ出かけよう、Leeと一緒に。』をテーマに、デニム好きの全ての女性に捧げる新キャンペーン『fLee(フリー)』を開始しました。

Lee Japan   Official Site

Lee Japanの新しいプロモーション『fLee』は、30秒のテレビCMからはじまります。

まるで何かのトレーラー(予告編)のようなこのテレビCMですが、

“まるで”ではなく、“実際に”キャンペーンのメインとなる「WEBムービー」のトレーラーとして、放映されているのです。

では実際にWEBサイトを見てみましょう。
デニム好きのすべての女性に捧げる『fLeeムービー』と題し、デニムと過ごす女性のライフストーリーを描いた1分間ショートムービーが公開されています。

Lee Japan   Official Site2

このムービーは「Free is Lee」をテーマに、「人生を強く生きていこうとする時」「心を許せる人と過ごすリラックスした時」「心穏やかに自分と向き合う時」、、、どんな気持ちにもフィットし、心をフリーにしてくれるLeeのデニムがあり、人生のそれぞれのシーンに彩りを添えている様子が描かれています。

『fLee is Strong』篇

主役はテレビCMではなくWEBコンテンツ

数年前から、頻繁にテレビCM内で見かけるようになった『続きはWEBで』という言葉。

その多くは、CMの派生ストーリー(続編)をWEBで公開したり、メイキング映像を公開していたりするもので、あくまでプロモーションの「主」としての役割はテレビCMが担い、WEBコンテンツはテレビCMの内容ありきで存在する「従」のコンテンツという関係性が多く見受けられました。

続きはWEBで

しかし今回ご紹介したLee Japanのプロモーションには、WEBムービーの予告編をテレビCMで流すことで、それまでの「テレビCM」と「WEBコンテンツ」の主従関係を逆転させるという「WEBサイト」と「テレビCM」の新しい関係性 (サイトでのムービー視聴を目的とした、“WEBコンテンツ”ありきのテレビCM)がありました。

これまでサイト訪問者の多数が、ブランドへの興味関心が高いロイヤルカスタマーであったと想定されるLee Japanですが、視聴範囲に制限のないテレビCMで、アーティストとコラボレーションした“WEBムービー”という特設コンテンツをコマーシャルすることで、未開拓カスタマーをブランドサイトへ誘導することに繋がっています。

 

[参考]

デニム好きの全ての女性に捧げる『fLeeムービー』WEBにて公開中!
http://www.lee-japan.jp/flee/

リー・ジャパン株式会社
http://www.lee-japan.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作×動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、1,500社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。

Page Top

ご相談/見積依頼はこちら ▶