動画マーケティングの最新情報|movieTIMES ムービータイムス

movieTIMES ムービータイムス 映像制作の株式会社LOCUS

国内サービス海外サービス 2016年12月02日

Facebook、気軽に動画広告のクリエイティブシミュレーションができる「Creative Hub」を公開!

Facebookは、さまざまな広告フォーマットのシミュレーションツールや、過去のクリエイティブ作品集など、便利な機能を備える「Creative Hub」を全広告主に向けて公開しました。

thumb_20161202_creativehub2.001

今年6月のカンヌライオンズでFacebookが発表したクリエイティブ開発ツール「Creative Hub」。その後、30社以上のクリエイティブエージェンシーによってテスト運用が行われてきましたが、この度いよいよ全広告主に公開されました。 

Creative Hub開発の背景にはモバイルシフトがあります。モバイルシフトが急速に進む一方で、テレビともPCとも異なる独特の視聴環境を持つモバイルでの効果的なクリエイティブとは何か、ということについては、業界全体がいまだ手探りの状態です。そこで、過去の秀逸クリエイティブ企画からインスピレーションを得たり、気軽にさまざまなトライアルを行える環境を用意し、モバイル環境におけるクリエイティブの底上げを目指す狙いがあるとのことです。

それではCreative Hubの主な機能をご紹介しましょう。

モックアップの作成

モックアップとは、FacebookとInstagramが用意するさまざまな広告フォーマットに実際に動画や画像などを当てはめて、仕上がりをシミュレーションできる機能です。

通常の動画/画像広告のほか、360度動画広告やスライドショー広告、複数のコンテンツを横に並べる「カルーセル広告」、全画面で表示できる「キャンバス広告」など、少々難易度が高くチャレンジしにくかったフォーマットも、気軽に試せるようになっています。

▽ カルーセル広告のモックアップ作成画面。モバイルフィードやデスクトップフィードなどでの再生時の見え方を把握できる

fb_carousel2

モックアップはFacebookアカウントさえ持っていれば、誰でも使うことができます。またビジネスマネジャーアカウントを持っている場合は、作成したモックアップをチーム内で共有することも可能です。

fb_feedさらに便利なのは、作成したモックアップのURLを発行し、クリエイティブチームやクライアントに共有すれば、実際にスマートフォンのモバイルフィード上で再生した場合の見え方などを全員で確認できるという点です。
スマホの小さい画面で視聴しても問題なく伝わっているか、フィードをスクロールした際にどう見えるか、などもチェックすることができます。(画像は動画より)

インスピレーション

インスピレーションとは、過去にFacebookとInstagramで展開されたさまざまな広告企画のギャラリーのようなもの。実際のクリエイティブに、企画についての簡単な解説が添えられています。キャンバス広告やカルーセル広告など、新しいフォーマットにチャレンジする際にもアイデアのヒントが得られることでしょう。

▽ インスピレーションのページにはさまざまな広告フォーマットの事例が並ぶ

fb_inspiration2

hr

動画機能の強化を進めているFacebookでは、動画広告のフォーマットも多様化しており、どのような選択肢があり、どの方法が自社にとって最適なのかを見出すことがやや煩雑になっていました。今回公開されたCreative Hubではすべてのフォーマットが分かりやすく整理されており、初めてFacebook/Instagram広告に取り組む企業にとっても使いやすいものになっています。

さまざまなフォーマットでシミュレーションして、最適な広告クリエイティブの形を見つけてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作×動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、800社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。

Page Top