動画マーケティングの最新情報|movieTIMES ムービータイムス

movieTIMES ムービータイムス 映像制作の株式会社LOCUS

市場動向・レポート 2015年03月27日

米国コンテンツマーケティングの実施状況レポート公開!動画活用の具体的効果も明らかに

効果的なコンテンツマーケティングを模索する企業が日本でも増えていますが、米国でコンテンツマーケティングに取り組む企業の実施状況やその効果、抱える課題などを明らかにしたレポートが発表されました。

動画の効果を実感している一方で、コンテンツの制作に課題を抱えている企業が多いようです。

thumb_content

具体的効果が求められるコンテンツマーケティング

マーケティングソリューションを提供するAscend2が今月(2015年3月)公開したレポートによると、コンテンツマーケティングに取り組む企業の半数以上が、その主な目的として「エンゲージメントの向上」「見込顧客の獲得」を重視していることがわかりました。

また、実施施策が有効だったか否かの成果を判断するポイントとして、「コンバージョン(CVR)(50%)」「リードの質(45%)」「サイトトラフィック(42%)」が挙げられました。

(左)▼コンテンツマーケティングにおいてもっとも重視している目的
(右)▼コンテンツマーケティングにおける効果測定の評価指標

Content-Marketing-Trends-Summary-01

コンテンツマーケティングと言えば、ブランディングや認知向上などを目的とするケースが多く、具体的な数値結果を求めるのが難しい性質を持っています。しかし各社はコンテンツマーケティング戦略の中で、CVRや売上・問い合わせに直結する具体的な広告効果を強く期待して取り組んでいることがうかがえます。

企業の多くが動画の効果を実感。比較実験でもその効果が明らかに

そして「(これまで実施した中で)もっとも効果を実感したコンテンツタイプ」に対する回答では、「ケーススタディ・記事(54%)」に続き、「動画」と答えた人が46%にのぼり、コンテンツマーケティングの中でも動画の効果を認識し、期待を寄せている企業が多いことが明らかになりました。

▼もっとも効果を実感したコンテンツタイプ

Content-Marketing-Trends-Summary-02

実際、動画コンテンツの活用により、CVRの向上や寄付金の獲得という具体的な成果をおさめた事例も報告されています。

成功事例1:LPの画像を動画に変えただけで、CVRが12.62%向上

ab

オーガニックフードに関する情報を提供するサイトGrowyourowngroceries.comでは、「自宅でオーガニックフードを栽培する方法」のDVDを発売していた。
そのDVDの販売促進のためのLPが画像だった場合と動画だった場合でA/Bテストを行った結果、画像の時と比べ、動画の時の方がDVDの注文が12.62%向上した。

成功事例2:動画メールで、寄付金が114%増加

videomail

非営利団体David C. Cookが寄付を募るダイレクトメールを送信する際、半数を画像(HTML)メール、残り半数を動画メールにし、結果を比較した。
それぞれ2,800通を送信したところ、クリック率は、画像メール2.50%に対し、動画メールは3.59%。そして寄付金は、画像メールでは$3,500だったのに比べ、動画メールでは$7,500と2倍以上が集まった。

動画施策の実施におけるハードルとは?

その一方で、「各コンテンツを制作する難易度」を聞いたところ、およそ60%の人が、動画は実施する際のハードルが高いと感じている実状も浮かび上がりました。

▼「もっとも効果を実感したコンテンツタイプ」と「各コンテンツを制作する際のハードルの高さ(難易度)」の比較

Content-Marketing-Trends-Summary-Report-03

動画施策の効果を実感していながら、実施の難易度が高いと感じている理由はどこにあるのでしょうか?

「コンテンツマーケティングを実践する上で障壁となるもの」を聞いたところ、「制作面でのリソース不足」「効果的な戦略の不足」「予算」が上位に挙がったことから、動画施策においてもこれらが課題になっていると推測されます。

▼コンテンツマーケティングを実践する上で障壁となるもの

Content-Marketing-Trends-Summary-Report-04

米国の企業同様、日本でも動画を活用したコンテンツマーケティングに取り組みたいと考えながらも、リソース不足や戦略設定に悩む企業は多いと推測されます。
その場合はまず、解決したい課題、達成したい目的を企業自らが明確に設定することが重要です。その上で、リソース不足を補うために、社外のプロフェッショナルの力を借り、施策の具体的な方針やクリエイティブ、メディア展開などを一緒に考え、実施を目指すことが有効だと言えるでしょう。

Content Marketing Trends SURVEY SUMMARY REPORT(Acsend2) 外部リンク

調査概要: 50,000人
回答者:所属企業従業員数500人以上22%、50-500人21%、50人以下57%
役職:役員クラス35%、マーケティングVP、マネージャー33%、セールスVP、マネージャー8%、マーケティング担当者15%、その他9%
企業形態:BtoB 74%、BtoC 26%

 

[参考]

Replacing Image With Video on Landing Page Increases Conversions by 12.62%

https://vwo.com/blog/replacing-image-video-landing-page-increases-conversions/

Does Video Email Work? [Case Study]

http://www.bombbomb.com/blog/video-email-work-case-study/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作×動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、800社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。

Page Top