動画マーケティングの最新情報|movieTIMES ムービータイムス

movieTIMES ムービータイムス 映像制作の株式会社LOCUS

【コンバージョン率30%UP】イーコマースビデオのパイオニアZapposの商品動画戦略!

2012年12月19日

お客様にできる限りのサポートを提供し高い満足度を維持して、年間10億ドルの売り上げを達成している、米国アパレル系ネット通販サイトを運営する『Zappos』はイーコマース市場でオンラインビデオを導入したパイオニア企業です。

現在米国イーコマース業界で急速に増加している『ECサイト+動画』の火付け役となったZapposのイーコマースビデオに対する取り組みを詳しくご紹介します。

動画の潜在的効果

ECサイトでの動画活用は、サイトを訪れた買い物客を長時間商品購入ページに滞在させ、購買意欲を掻き立てるという効果を持っています。また、写真やテキストだけでは表現が難しい商品の特長、使用感などを伝える手段として最適なツールでもあります。

“テキストのみのサイト”と、“テキスト+画像+動画のサイト”のリンク数を比較すると、“テキスト+画像+動画のサイト”は“テキストのみのサイト”の約3倍のリンク数を獲得できるというデータもあるのです。

世界一、動画が豊富なECサイト「Zappos」

テレビCMのようなコンセプトやブランドイメージを訴えかける動画広告と異なり、商品の特徴だけを説明する、より売上に直結した動画を商品動画と言います。商品動画は得に通販サイトにて力を発揮するでしょう。

動画本数50,000本以上を保有するZapposは世界で一番動画を活用していると言っても過言ではありません。まずは商品動画のパイオニアZapposの商品動画が実際、どんなものであるのかチェックしてみましょう。

▼Zappos商品動画

延々とこんな感じの動画が、サイト内には50,000本以上!動画を見ていて感じるのは、あくまで主役は商品である!という明確な視点ですね。目的からぶれることなく、商品の見せ方はシンプルかつわかりやすいをテーマにしているように感じます。

コマース業界で動画がいかに重要であるか

2010年”Streaming Media West”で、ZapposのコンテンツチームのシニアマネージャーRico Nasol氏が語った「コマース業界で動画がいかに重要であるか」(下記動画参照)というインタビューでは、Zapposでの商品動画に対する取り組みと、動画がもたらした効果について語っています。

商品動画について

  • リテール業界では動画はまだ多くなかったが、何でもやってみよう方針から商品動画を作るようになった
  • 保有している商品動画本数は約50,000本
  • 1日に60~100個の動画を制作している
  • 商品動画制作チームだけで45人いる
  • 動画の尺は30〜60秒。尺の長い動画は作らない。
  • 動画はモデルが商品を着用し一回転してみせるスタイルや、商品を人が持って、その主要な機能を紹介するスタイルが基本。商品が単体で映っている動画は作らない。
  • 演出は全てパターン化する

動画効果について

  • 動画導入により売上は平均で20~40%UP
  • 簡単な説明動画がある商品のコンバージョンは、動画がない商品に比べて6%~30%高い
  • 返品率の改善。動画導入前より返品率が24%減少
  • ブランドからも動画をつくってほしいという依頼が増えているけど、今は特にブランドからお金をもらって動画をつくることはしていない。

クリエイティビディに富んだおしゃれな動画をつくりたい、ブランドイメージが伝わる動画をつくりたい。一口に動画を取り入れると言っても、その目的は様々です。

顧客満足を何よりも優先させているZapposは、いかに商品のディティールをオンライン上で体感してもらうか、という一貫したテーマで動画を制作していることが良く伝わります。

全ての商品に動画を導入し、どの商品詳細をみても動画で商品情報を受け取る事ができる通販サイトを目指し、Zapposはこれからも顧客視点の動画を制作し続けることでしょう。

 

[参考]

Zappos.com
http://www.zappos.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作×動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、800社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。

Page Top