動画マーケティングの最新情報|movieTIMES ムービータイムス

movieTIMES ムービータイムス 映像制作の株式会社LOCUS

ノウハウ 2014年08月25日

チャンネル登録者は2倍多く動画を見る!YouTubeチャンネルが重要な理由

YouTubeが公式で公開している「クリエイターハンドブック」。YouTube での視聴者獲得に役立つ重要な知識やアドバイス、戦略などを紹介する有用な資料です。本資料を分かりやすくお届けする「クリエイターハンドブックを読み解く」シリーズ第5弾。

今回からは数回に渡り「YouTubeチャンネル」についてご紹介していきます。
チャンネル設計がきちんと行われている企業は意外と少ないものですが、登録者数が多いチャンネルは例外なくチャンネル整理がなされています。
今回は「そもそもチャンネルとは何か。なぜ大切なのか」をお伝えします。

fb_201408

今回から第3部に入る本シリーズ。第3部では数回にわたり、「YouTubeチャンネル構築」についてのノウハウをご紹介します。現在、予定している配信コンテンツは以下のようになっています。※変更になる可能性もあります。

mokuji

今回は、具体的なノウハウの前に「なぜYouTubeチャンネルの構築が大切なのか」ということをお伝えします。

YouTube One Channelとは

2013年6月、GoogleはYouTubeのチャンネル機能やレイアウトを一新しました。この変更が適用された後のYouTubeチャンネルを「YouTube One Channel」と呼びます。

「YouTube One Channel」はPC・タブレット端末やスマートフォン・テレビ等、多様なデバイスでの視聴を意識したものとなっており、チャンネルアートなどを1つのデバイスに設定すれば他デバイスにも反映されるため、どんなデバイスで閲覧しても、ブランドのイメージが統一されることが特徴です。

onechannel

動画を単にアップロードするだけでなく、このYouTube One Channelの機能を使いこなし、「自分だけのブランドチャンネル」を作成することを心がけましょう。

まずは基本から。チャンネル作成方法とチャンネル登録について

チャンネル作成方法

現在、チャンネルを作成するにはGoogleアカウントを持っていることが前提となります。
Googleアカウントを用いて、YouTubeにログインをし、左のメニューにある「マイチャンネル」を選択すると、以下のような画面が現れます。
※既にチャンネルをお持ちの方はチャンネルが表示されます。

mychannel

ここで「OK」を押すとGoogleアカウントと同様の名前でチャンネル名が作られます。オリジナルの名前をつけたい場合は「ビジネス名など・・・・」を選択しましょう。

●Tips● 1つのアカウントで複数のチャンネルを作成・管理する

YouTubeでは1つのアカウントで最大50までYouTubeチャンネルを作成することができます。

  1. YouTubeの右上のアイコンをクリック。歯車マークを選びます。
    もしくはログインした状態でこちらをクリック。
  2. アカウント設定ページに飛びます。
  3. 「概要>その他の機能>新しいチャンネルを作成」を選びます。
    ※新規チャンネルを作成するとGoogle+ページも生成されます。

◇作成したチャンネル一覧はコチラから見れます。
https://www.youtube.com/channel_switcher

チャンネル登録とは?

自分のYouTubeチャンネルに登録してもらうことは「Facebookページにいいね!」をしてもらったり、「Twitterでフォロー」してもらうことと似ています。

ユーザーは動画の下や、チャンネルトップページに配置してあるチャンネル登録ボタンから簡単にチャンネル登録したり、解除できます。

subscribe

チャンネルに登録したユーザーのYouTubeトップページにはそのチャンネルの動画がフィードとして表示され、登録ユーザーは常にチャンネルの最新情報を受取ることができます。また、YouTubeのナビゲーションには常に登録チャンネルが表示されているので登録ユーザーはチャンネルへのアクセスが簡単にできます。

channel_cap

なぜチャンネルは重要なのか

2014年7月のYouTube公式ブログにはこのような投稿がされました。

quote 登録者は、動画を気に入ってもっと見たいと思ってくれる人ということですが、登録者を増やすのは簡単なことではありません。
そのためチャンネル登録者が一定数を超えた方には、YouTube Space の限定プログラムや YouTube パートナー報酬プログラムなどにご参加いただけるような特典をご用意しています。

登録者数が重要な理由の1つは、チャンネルの状態を反映しているからです。チャンネル登録者数の増加によって、自分の動画を視聴、支持してくれる本当のコミュニティを作っているかを見ることができます。quote-end

引用元:チャンネル登録者数をより意味のあるものにするために

このようにGoogleがコンテンツの中身を重視するように、YouTubeもチャンネル登録者数を評価の対象としています。これだけ、重視されている「チャンネル登録者」。そうでないユーザーとでは実際の再生数や視聴時間にはどれほどの違いがあるのでしょうか。

チャンネル登録者は動画の再生回数が多い

下記のグラフを見ると、『チャンネル登録者は新しい動画の再生回数がチャンネル非登録者よりも多い』ことが分かります。また、この現象は新しい動画をアップロードした直後に顕著に表れています。

subscribe

また他の調査では、『チャンネル登録者は、登録していないユーザーに比べて2倍多く動画を見ることもわかっています。』

登録者の視聴時間が最も長い

YouTube動画において、一番大切な要素である「視聴時間」。
下記のグラフは『チャンネル登録者は、埋め込み動画よりも4倍近く視聴時間が長いこと』を表しており、さらには検索経由など能動的に動画を探している人よりも視聴時間が長いことが見て取れます。

▼ナビゲーションパターン別:1日の平均視聴時間

watchTime1

以前ご紹介したように現在のYouTubeは再生数で動画の価値を判断するのではなく、動画視聴時間を基準にYouTube検索やおすすめ動画に表示させる動画を決めています。(参考

これらの理由から多くの、良質な(視聴時間が長い)視聴者となる「チャンネル登録者」を増やすことがYouTubeというプラットフォームを利用する上で重要なのです。

いかがでしたでしょうか。
YouTubeチャンネルが重視される理由が伝わったでしょうか。今回から始まる「チャンネル設計シリーズ」を機に、自社のチャンネル状態がどのようになっているか、チェックしてみてはいかがでしょうか。

次回は、YouTubeチャンネル構築の具体的なノウハウについて見ていきます。

YouTubeについて「こんなことが知りたい!」等ございましたらTwitterFacebbookお問い合わせページからリクエストもお待ちしております。

 

[参考]

※記事内データ
[動画]登録者と視聴時間:https://www.youtube.com/watch?v=mgmOgm1d3zgより

チャンネル登録者やブランド ファンとのコミュニティ作り : https://support.google.com/youtube/answer/2976284?hl=ja

新しい YouTube チャンネルと Google+ : https://support.google.com/youtube/answer/3290156?hl=ja

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作×動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、800社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。

Page Top