動画マーケティングの最新情報|movieTIMES ムービータイムス

movieTIMES ムービータイムス 映像制作の株式会社LOCUS

Instagram、ついにタテ型動画広告の配信も可能に

2016年11月16日

キーワード: Instagram 動画広告

動画広告関連の機能も次々に強化しているInstagramですが、今度はアスペクト比4:5のタテ型の動画広告の配信が可能になったことを発表しました。

これまで、通常のInstagram投稿に関しては、ヨコ型/正方形/タテ型の動画や画像が使用可能でしたが、広告としての配信にはフォーマットの制限がありました。

しかしこの度、広告においてもアスペクト比4:5のタテ型動画の配信が可能になりました。これはもちろん、モバイルデバイスでの広告視聴体験の向上を図ったもので、初期のテスト配信でも高い視聴率を記録しているそうです。

▽ MulberryとLGによるタテ型動画広告の事例

vertical_mulberryvertical_LG

テスト配信に参加したブラジルの飲料メーカーGuaraná Antarcticaは、タテ型動画広告を使って同社のブランドヒストリーを訴求。「良い結果が期待できる」とのコメントを残しています。

▽ Guaraná Antarcticaのクリエイティブ

vertical_brazil

hr

Instagram動画広告のフォーマットの自由度が高まったことで、モバイルマーケティングを展開する企業はまた新しいクリエイティブにチャレンジできるようになりました。そして最適なクリエイティブを見出すために、さまざまなフォーマットで比較検証することがポイントとなりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プレスリリース元

動画制作×動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、800社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。

Page Top