動画マーケティングの最新情報|movieTIMES ムービータイムス

movieTIMES ムービータイムス 映像制作の株式会社LOCUS

PR

テクノロジー 2014年11月28日

ECでの動画活用は益々当たり前に。モバイルデバイスのみで制作〜配信する動画で費用対効果が劇的に向上。

キーワード: Eコマース

9月に発売されたiPhone6ではカメラの撮影フレーム数が増え、滑らかな動画撮影が可能になったりと、スマートフォンでの動画撮影機能は画質レベルではプロ用機材に遜色ないレベルにまで向上しています。
一方で、スマートフォンでの動画撮影は個人の日常使いレベルが大半で、ビジネスユースにはまだまだ耐えられないという認識が大半なのではないでしょうか。

しかし、実はラルフローレンやバーバリーといった有名企業がスマートフォンで撮影した動画をプロモーションとして配信しているのをご存知でしょうか。今回は、そんなスマートフォンを用いて制作された動画、そして作業を飛躍的に向上させるアプリケーションのご紹介をします。

thumb_sm

有名ブランドも導入。”スマホ”のみのプロモーション動画

polo_sp

「そもそもスマートフォンのみでプロモーション向けの動画が作れるのだろうか?」と疑問を持つ方もいらっしゃると思います。そこで、まずは実際に世界的に有名なアパレルブランドが行ったプロモーションを2つご紹介したいと思います。

まず1つめは昨年の秋、ラルフローレンがInstagram上で行ったプロモーション「Polo RL Survival Guide(ポロ ラルフローレン サバイバル ガイド)」です。以下がInstagramで配信された実際の動画になります。

▼左:テントの張り方 右:テーブルセッティングの仕方

スマートフォンのみで撮影されたプロモーション映像として有名な本動画。通常のプロモーション映像と遜色なく、洗練された世界観を表現しています。

続いてご紹介するのがBurberry(バーバリー)のファッションショー。こちらも iPhone 5sのみで撮影されたということで話題になりました。
様々な角度から撮影されており、ファッションショーの臨場感が伝わってくる映像です。

 

以前は美しい映像を撮影するには高価な機材が必要とされていましたが、このように一流アパレルブランドがスマートフォンのみで動画を撮影し、プロモーションに利用している現状を見ると、もはやそうとは言えないようです。

このようにカメラの性能が格段にアップしたスマートフォン。もしこのスマートフォンを活用して手軽に高品質な動画を制作することができれば、企業の動画活用へのハードルはより低いものとなり、もっと手軽に、もっと頻繁に動画を活用することが出来そうです。

撮影から配信まで可能。millvi editor(ミルビィ エディター)

そんなスマートフォンの手軽さとカメラの性能向上に目をつけ、企業のニーズを汲み取ってリリースされたのが、動画配信システムを提供しているエビリー社の「millvi editor(ミルビィ エディター)」です。

milvii

millvi editorを利用すれば、スマートフォンやタブレットだけで動画撮影〜配信までを完了させることができ、従来の映像配信ワークフローを劇的に簡略化することができます。

workflow

動画編集アプリは多数存在しますが、企業用にカスタマイズされているので、配信までも一括してできるのが最大の特徴です。

3時間の作業がたった5分に!ナノ・ユニバースが語る効果

nano

millvi editorは「動画活用したいけれど、コストパフォーマンスが見合わない」という悩みを抱えた企業との共同開発によって誕生したアプリです。

その企業とは全国のファッションビルやアウトレットモールに出店、さらにECサイトでセレクトショップを運営している「ナノ・ユニバース」社。
ナノ・ユニバースの正野氏はECサイトでの動画活用についてこう語っています。


quote 動画については数年前から利用を考えており、実際に一眼レフカメラを使って撮影したものをPCに取り込み、ソフトを使って編集を行ってアップロードを行っていました。

しかし、動画を利用することによって効果があることはわかっていたものの時間と手間がかかってしまい、なかなか効率化を測るのが難しく費用対効果の面から敬遠していたところがありました。quote-end

特にアパレルブランドのような、多品種小ロットの場合には一つの商品に掛けられるプロモーションコストが限られるため、従来の撮影〜配信までのコストを考えると、その費用対効果が大きな壁となっていたようです。

しかし、millvi editorを取り入れることで、動画制作〜配信フローまでが劇的に変化し、元々は1本あたり2〜3時間かかっていたものが5分程度で撮影、編集、アップロード、配信まで行うことが可能となったそうです。

次々と寄せられるEC×動画による効果

ここで注目したいのは正野氏が「動画を利用することによって効果があることはわかっていた」と言い切っていることです。
過去にもmovieTIMESで何度かご紹介していますがEC×動画での効果は高いと言われています。改めてその効果を見てみましょう。

・動画を見たユーザーは購入率が1.81倍も高くなる(記事)

・プロモーション動画をきっかけに、4割の人が商品の購入を検討し、2.5割の人が実際に商品を購入した経験がある(記事)

・動画を視聴した人は、視聴しなかった人より購入に至る可能性が74%高い。(記事)

・71%の消費者が、動画を用いているEC業者に好感をいだいている。(元記事)

上記の結果から見て取れるように、商品購入と動画は密接な関係にあり、動画を効果的に用いれば、売上の向上も充分に見込めます。イーコマースビデオのパイオニアと呼ばれる米通販サイトZapposからは『動画をつけた商品はそうでない商品と比べ、コンバージョン率が30%もUPした』という報告があるほどです。

このように動画を活用することで売上やCVがアップした事例は日々報告され、その効果は確かなものとなりつつあります。
一方で、動画制作にはある程度のコストがかかることから、単価の安い商品・サービスや、今回の事例のような多品種小ロットの製品の場合、その導入コストとの費用対効果から動画の導入が敬遠されるケースも少なくないようです。
しかし、millvi editorのように手軽に、工数をかけずに動画を制作・配信することができれば、そういった商品でも積極的に動画を活用し、その効果や価値を体感することができるでしょう。

こういった「より手軽に動画を制作・配信」できるツールは今後も登場してくると思われますので、動画の目的、求める表現、伝えたいメッセージ、費用対効果、など、それぞれの状況に応じて、こういったツールを活用するのか、制作会社を通じてコストをかけて制作するのか、最適な選択をしていくことが、トータルでの費用対効果を最大化し、動画マーケティングを成功させるコツといえるのではないでしょうか。

「millvi editor(ミルビィ エディター)」をもっと知りたい方へ

■動画編集+登録まで一元管理出来るアプリ
https://millvi.jp/news/1958/

 

[参考]

The Polo Ralph Lauren Survival Guide - Behind the Scenes[動画]
https://www.youtube.com/watch?v=M4XWAGmWhyw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作×動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、800社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。

Page Top