動画マーケティングの最新情報|movieTIMES ムービータイムス

movieTIMES ムービータイムス 映像制作の株式会社LOCUS

ナレッジ用途別・業界別 2016年04月13日

CTR600%!LP滞在時間162%!「パーソナライズド動画」の導入を後押しする効果データ集と国内サービスまとめ

キーワード: パーソナライズ

顧客データを活用したOne to Oneマーケティングの一環として、「パーソナライズド動画」への関心が高まっています。
海外ではすでに多くの企業がマーケティングにパーソナライズド動画を活用しており、CTRやLP滞在時間の改善、顧客満足度の向上などの効果が明らかにとなっています。

今回は海外事例を中心に、パーソナライズド動画のメリットや導入効果を紹介していきます。併せて、国内で提供されているパーソナライズド動画サービスもまとめました。

20160413_personalizedvideo_thumb

今年の2月4日、Facebookはユーザーの情報をもとに自動生成したパーソナライズド動画「フレンズデー動画」を配信。この日、自分の名前や友達との写真が組み込まれた動画がニュースフィードに表示され、驚いた人も多いのではないでしょうか?

Facebookはサービス提供開始日である2月4日を「フレンズデー」と定めており、12周年を記念し公開された「フレンズデー動画」は自分だけの特別な動画で友達との思い出を振り返るものでした。世界で数百万人ものユーザー1人1人に向けられて配信された「フレンズデー動画」は、パーソナライズド動画がますます身近な存在になっていくことを実感させる施策でした。

▼「フレンズデー」にニュースフィードに流れたパーソナライズド動画

 

 

Facebookさんの投稿 2016年2月2日

パーソナライズド動画の最大のメリットはFacebookの事例のように「自分だけ」に向けられた特別感により、視聴者の関心を集めやすい点にあります。
動画視聴のきっかけを作るだけでなく、視聴者に合った情報を提供できるため、視聴継続時間の向上も期待できます。その結果として理解促進やエンゲージメントを高めることができ、興味喚起から獲得まで幅広い効果を発揮します。

パーソナライズド動画の仕組み

パーソナライズド動画のカスタマイズの仕方は大きく分けて2種類あります。
1つはカットの組み合わせを変えて、動画の構成をカスタマイズする方法。もう1つは、動画素材の上にテキストや音声、画像といったレイヤーを加え、そのレイヤーをカスタマイズする方法です。インタラクティブ性を持たせ視聴者の選択に合わせて展開を変えたり、リアルタイムデータに基づいてレイヤーを変えられるサービスも登場しています。

▼(左)カットの組み合わせをカスタマイズ (右)動画素材にレイヤーを追加

20160413_image1
画像参照元:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000013402.html

海外事例に見るマーケティング効果の数々

すでにパーソナライズド動画の実施実績が多い海外では、さまざまな成果が認められています。これまで主流だった、顧客情報を動画に反映させる形とは異なる新しい施策も登場しています。
幅広いタイプの施策や効果を集めましたので、1つずつご紹介していきます。

サムネイルに個人名を表示させることでCTRが大幅に向上

動画マーケティングプラットフォームを提供するVidyard社が行った動画メールのA/Bテストでは、メールに埋め込んだサムネイル画像と動画のストーリーの最後に表示される名前をカスタマイズしただけで、CTRは19倍になり、ランディングページにおけるコンバージョンも向上したとのことです。

パーソナライズド動画というと普通の動画制作よりもハードルが高い印象がありますが、名前を入れただけのシンプルなカスタマイズでも十分に効果が発揮できることが分かります。

▼A/Bテストで使われた動画のサムネイル(左:不特定多数向け 右:個人名を挿入)

20160413_image2
画像参照元:Vidyard_The_Guide_to_Personalized_Video.pdf 

複雑な請求内容を動画で説明し、内容理解・顧客満足度の向上に

米電力会社Rappahannock Electric Cooperativeは顧客向けに電気料金の請求内容の分析を行い、電力消費の効率化を勧めるサービスを提供しています。しかしその分析内容が複雑で分かりにくいという課題がありました。そこで、天候の変化や先月との日数の差など、請求金額の変動の要因となる項目を説明するパーソナライズド動画を作成し、メールで配信しました。

動画視聴後のアンケートに回答した視聴者からは以下のような反応が得られ、内容理解やサービスへの満足度の向上が見られています。

アンケート回答結果

  • 分かりやすかった…95%
  • 役立つ情報だった…94%
  • 請求内容の変化を知る効果的な方法だと思った…92%
  • 毎月動画を見たい…72%
  • もっと動画を視聴したい…99%

ソーシャルメディアでのシェアを促し、認知拡大・新規顧客の獲得に

186の国でサービスを展開しているダンスフィットネスクラブZumbaによる施策は、認知拡大と新規顧客の獲得を目的にフィットネスクラブで働くインストラクターに向けてパーソナライズド動画を展開したユニークな事例です。

同社はテレビCMとして放映した動画をベースに、インストラクターの名前と所属するフィットネスクラブの場所をテキストデータとして加えたパーソナライズド動画を作成。Zumbaインストラクター用のネットワーク上でメール配信をしました。

▼テレビCMとして放映した動画の中で3箇所をパーソナライズ

20160413_image3実際のデモ動画はこちら画像参照元:https://rukus.io/case-study-zumba

パーソナライズド動画はワンクリックでソーシャルメディアに投稿できるようになっており、自分の名前の入った動画を視聴した65%以上のインストラクターが、ソーシャルメディアで動画をシェアしました。

▼メールからランディングページに遷移すると動画が再生され、ソーシャルでのシェアを促す

20160413_image4
画像参照元:https://rukus.io/case-study-zumba

この施策の優れている点は、パーソナライズド動画を通してスタッフの満足感を高めつつ、ソーシャルでの拡散により新たなターゲット層との接触にもつなげている点です。視聴完了数はソーシャルメディアでの拡散によってメール配信時の4.7倍となり、結果、Zumbaレッスンのクラス検索数は7倍にまで向上しました。

キャンペーン結果

  • メール開封率は52%
  • 完全視聴率は50%。パーソナライズされたシーンでのエンゲージメントが高かった
  • 動画を視聴したインストラクターの65%が動画をソーシャルメディアでシェア
  • 視聴完了数はソーシャルメディアでの拡散によってメール配信時の4.7倍に
  • クラス検索数はキャンペーン前の7倍にのぼり、テレビCM配信時の3倍以上の増加となった

▼メール配信、動画視聴、ソーシャルシェアという流れを作ることで視聴規模を拡大

20160413_image5b
画像参照元:https://rukus.io/case-study-zumba

さまざまな業種・業態で成果を上げているパーソナライズド動画

Vidyardによると、上記に限らず、パーソナライズド動画を導入した企業の多くで高い効果が見られています(参考)。

●Lenovo(PCメーカー)

ホリデーシーズンのキャンペーンとして、メールでパーソナライズド動画を配信。前回のキャンペーンと比較してCTR4.5倍を記録。さらに、半年以上アクションのなかった休眠ユーザーの開封率が従来の5倍に。

●Act-On(マーケティングオートメーションプロバイダ)

パーソナライズされていない同尺の動画と比較して視聴数は2倍に。動画視聴者のLP滞在時間も62%向上。

●Cetera Financial Group (金融)

見込み客の興味喚起とリード育成を目的としてパーソナライズド動画をメールで配信したところ、CTRが600%UP。さらに分析機能を用いることで、顧客層の行動傾向やインサイトが明らかに。

●Tradeshift (ビジネスソーシャルプラットフォームプロバイダ)

パーソナライズド動画の活用で、前回のホリデーキャンペーン時よりCTRが10倍に。さらにキャンペーンサイトのページビューが前回比231%、e-bookのダウンロード数は88%も増加。

国内で利用できるパーソナライズド動画サービス一覧

以上のように高い効果の期待できるパーソナライズド動画は、国内ではまだ事例の少ない今こそ積極的に取り組むチャンスだと言えます。しかも昨年から今年にかけて、国内でもパーソナライズド動画を生成・配信するサービスが増えています。

それでは最後に、主なサービスとその特徴をご紹介します。マーケティング目的に応じて適したサービスを活用してみてはいかがでしょうか。

日本参入企業

ピツニーボウズ「EngageOne® Video」
視聴者に興味のあるコンテンツを選択させ、それに応じてリアルタイムで動画の内容を切り替えることができる対話式のパーソナライズド動画を提供。選択内容などの視聴動向が把握できる詳細な統計情報も提供している。

サンデースカイ「Smart Video」
今年3月、株式会社電通、株式会社電通テックと協業し、パーソナライズド動画の制作・配信サービスを提供開始すると発表。顧客の属性や嗜好・契約内容・購買履歴などの最新情報に合わせて動画を瞬時に制作・配信できる。ログイン制のオウンドメディア上での表示、動画配信プラットフォームを経由した自動配信にも対応している。

国内提供会社

株式会社クリエ・ジャパン「PRISM」
「独自開発した日本で初めて、かつ、唯一のパーソナライズド動画ソリューション」として2015年4月から提供を開始。ウェブでの表示だけでなく、メールに動画を貼り付けたり、DVDなどの媒体で送ることもできる。

livepass株式会社「livepass catch」
昨年話題となった大和ハウス工業株式会社のパーソナライズド動画キャンペーンを手掛けたのが同社。今年3月にはデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社と連携し、LINE上におけるOne to Oneでの動画配信サービスの提供を開始した。

日本写真印刷コミュニケーションズ株式会社 「OneDouga」
ピーシーフェーズ株式会社「Vpersonal」
株式会社グローバルシェア「七色arrow」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作×動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、800社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。

Page Top