動画マーケティングの最新情報|movieTIMES ムービータイムス

movieTIMES ムービータイムス 映像制作の株式会社LOCUS

ケーススタディ 2013年11月18日

商品は一切でてこない!動画制作費もかからない!オロナインのユニークなPR方法とは?

見聞きをしただけで「知った気」になっていませんか?そんな疑問を投げかけるのが「知リ100」というプロジェクト。

このプロジェクトでは「知ったつもりにならないでリアルに体験した方がいい日本の100」の事柄を実際に体験し、その様子を動画で伝えています。
果たして、このプロジェクトの目的、メッセージとはどんなものなのでしょうか。

thumb012

リアルに体験することではじめて「知る」ことができる

「情報化社会」と言われる現代。まさに情報があふれかえり、知りたいと思ったことは、ネットで検索すれば何でも分かってしまいます。

しかし、それはあくまで「情報」でしかありません。情報を聞いて疑似体験しただけで、すべてを知ったつもりになると、本当の意味で「知る」ことができなくなるかもしれません。人間が持つ五感で、実際に見て、触って、嗅いで、聴いて、味わって初めて、「知る」ことができるのです。

そこで、“実際の体験によって学び、感動することの良さを発信したい“と立ち上げられたのが、この「知リ100」というサイト。感動体験レポーターと呼ばれる各地の人々からの投稿を元に、”リアルに体験したほうがいい“100のご当地体験を紹介しています。

TOP

100の感動体験は「検索するだけじゃ分からないし、見聞きするだけじゃもったいない。行ってみよう。やってみよう。からだ、つかおう。」をテーマに現在も集められ、更新され続けています。

6秒間の映像がイキイキとした感動体験を伝える

では、実際にその「感動体験」をいくつか見てみましょう。

福岡県直方市の竜王峡という場所で、滝に打たれるという体験。水が落ちる轟音の中、白装束の女性が滝に打たれ、激しく水しぶきが飛び散る様子が映されています。そして女性がその体験を心から楽しんでいる様子が、その表情を見ると一目瞭然です。


次にご紹介するのは、「かつおをたたく」という体験動画です。
この体験は、「なぜかつおのタタキ」って「タタキ」と言うんだろう?という疑問から生まれたものです。カツオの解体から、炙り焼きの様子までが映像に収められています。その炙り焼きの様子たるや、まさに豪快。

ワラにつけられた火が燃え盛る中、網にのせられたカツオが豪快に炙られていき、香ばしい匂いが見ている人にも伝わってきそうです。動画だからこそ、この炙りの豪快さが伝わってきます。

「ヤンバルの山菜を採る」という動画では、山菜のイメージを覆してくれます。
普通、山菜というと、静かにひっそりとひょろひょろ生えているものですが、このヤンバルの山菜は「菜」というより「樹」とも言いたくなるほど巨大。採った穂先の部分は手のひらほどあり、それを天ぷらにしていただきます。この動画を見ると、山菜の巨大さ、ヤンバルの自然の壮大さが伝わってきます。

「自分も体験したい!」と思わせる工夫

3つほど例を挙げてみましたが、このサイトの最終的な目標は「体験させること」。ところが、サイトには体験ごとにたった6秒間のVine動画がいくつかあるだけです。

kikori

短いけれど、いえ、短いからこそ視聴者は「自分も体験してみたい」と思うのです。もし、感動体験を長々と映像で見てしまったら、そこで「疑似体験」してしまい、満足してしまうでしょう。このサイトでは、「疑似体験」ではなく、実際に体験したいという気持ちを起こさせるように工夫がされています。

6秒間のみという短い時間の動画。しかしながら、臨場感やその体験の楽しさが伝わることで、視聴者は「体験したい!」と思うのです。

そっと寄り添うオロナインのやさしいメッセージ

実はこのサイト、オロナインのサポートによって作られたもの。

oronain

オロナイン軟膏といえば、怪我をした時の強い味方。なにかを体験する時につきものなのが“ちょっとした怪我”。でもやらないよりはやったみたほうがいい、というメッセージをこのサイトを通して伝えていたのです。

このサイトは、製品PRサイトではありますが、「怪我をしたら、オロナインを使ってくださいね」というような、よくあるPR方法ではありません。「動かなければ決して怪我はしないけど、体験はできない。そんな体験のお供にいつでもそばに置いておきたいお守りとしてのオロナイン」というメッセージを伝え、そっと寄り添うようなオロナインの存在をPRするものなのです。

oronain2

それは、70年も前に生まれたオロナインがずっと国民の、そして家庭の「常備薬」として寄り添ってきたように、色々な楽しい体験の常備薬としてもオロナインがそばにいてほしい、というメッセージなのでしょう。

 

[参考]

知リ100 Supported by オロナインH軟膏
http://shiri100.jp/

プレスリリース:「知リ100プロジェクト Supported by オロナインH軟膏」が本格始動
感動体験レポーターを大募集!!
http://www.atpress.ne.jp/view/38767

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画制作×動画マーケティングにお困りならLOCUSへ

株式会社LOCUSでは大手企業から新進ベンチャー企業まで、800社以上の動画マーケティング支援を行っています。

幅広い用途や、多種多様な表現手法が揃う動画制作実績もご覧いただけます。

Page Top